ラズパイでもAmazon ECSを動かせる、「Amazon ECS Anywhere」が正式リリース。ラズパイやオンプレミスのコンテナ環境をAWSから集中管理可能

2021年6月3日

Amazon Web Services(AWS)は、AWS上のコンテナ基盤サービスである「Amazon ECS(Elastic Container Service)」を、オンプレミスなど任意のサーバなどで実行可能にする「Amazon ECS Anywhere」の正式リリースを発表しました。

Amazon ECS Anywhereは、2020年12月に行われたAWS re:Invent 2020で発表されています。

fig3

Amazon ECS Anywhereの基となっているAmazon ECSは、AWS上でフルマネージドなDockerコンテナ実行環境を提供するサービスです。

API経由などで、コンテナへのアプリケーションのデプロイ、クラスター管理、ワークロードスケジュール、モニタリングなどを含むコンテナオーケストレーション機能を備えています。

これをAWSの外側にあるサーバでも提供可能にするのが「Amazon ECS Anywhere」です。

Amazon ECS Anywhereのエージェントをインストールしたサーバは、AWS上のAmazon ECSと同じようにAWS上で集中管理できるようになります。

Amazon ECS Anywhereに対応するOSは、CentOS 7/8、RHEL 7、Fedora 32/33、openSUSE Tumbleweed、Ubuntu 18/20、Debian 9/10、SUSE Enterprise Server 15。

そしてCPUはx86_64とARM 64をサポートしているため、Raspberry PiをAmazon ECS Anywhereに対応させることもできます。するとRaspberry PiをAWSからコントロールできるようになるわけです。

AWSのブログ「Amazon VPC と接続可能なおうち Amazon ECS Anywhere クラスターの構築」では、実際に複数台のRaspberry Piをクラスタ構成にし、Amazon ECS Anywhereを導入する様子を紹介しています。気になる方はぜひ参照してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本