WSL 2対応のDocker Desktop、Windows 10 Homeサポートを実装

2020年3月9日

WindowsやMacなどのローカルマシンでDocker環境を簡単にインストールし実行できるDocker Desktopが、Windows 10サポートの実験的実装を完了したことが報告されました

これまでDokcer DesktopはWindows 10 Homeをサポートしていなかった

Docker DesktopのWindows版はこれまで仮想化ハイパーバイザのHyper-Vを用いてWindows 10内部に仮想マシンを起動し、その中でLinux環境を構築、Dockerコンテナ環境を実現していました。そのためHyper-VをサポートしないWindows 10 Homeでは、Docker Desktopはサポートされていませんでした。

しかしマイクロソフトは現在、Windows 10にLinuxカーネルを搭載したことでLinuxとの互換性を高めた「WSL 2」(Windows Subsystem for Linux Version2)を開発中です。

このWSL 2を用いることによりHyper-Vを使わなくてもWindows 10内部でLinux環境とDockerコンテナ環境を実現することが可能になります。

これによりWSL 2を用いた今後のDocker DesktopではWindows 10 Homeもサポートされる予定です。今回の発表はこの、Docker DesktopをWindows 10 Homeに対応させるための実験的実装が完了したことが報告されました。

Docker Desktopは、安定版である「Stable」と、開発中の最新機能を試せる「Edge」の2つのバイナリがダウンロード可能です。今回Windows Home 10対応が行われたのはEdge版のバイナリの方

WSL 2は今年春の大型アップデートでWindows 10の正式機能になるとみられており、現在はPreviewビルドで開発版が提供されています。最新のWindows 10 Homeのプレビュービルドでは、WSL 2が利用できるようになっており、Docker Desktop Windows版Edgeバイナリは、このWindows 10 Homeの最新Previewビルドで実行可能になっているとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本