Windows 10にLinuxのペンギンアイコン/Zoom、わずか4カ月で1000万から3億超へ急増/Visual Studio Codeの代替を狙うEclipse Theiaほか、2020年4月の人気記事

2020年5月12日

外出への自粛が続いて不自由な生活を強いられている方が多いなか、読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

僕はもともと在宅で仕事をしてきたので、それほど大きな変化があるわけではないのですが、プールが閉鎖されて趣味の水泳ができないのは少しさみしいですね。代わりにジョギングの回数が増えました。

さて、先月の人気記事を紹介していきましょう。

2020年4月の人気記事

1位 Windows 10のファイルエクスプローラがWSL機能を統合。Linuxを示すペンギンアイコンが登場

2位 Zoom、わずか4カ月で参加者が1000万から3億超へ。急増への対応でOracle Cloudへインフラを拡張。AWS、Azureに加えて

3位 Visual Studio Codeの代替を狙う統合開発環境「Eclipse Theia 1.0」リリース。VS Codeの拡張機能を利用可能、デスクトップ版とWebブラウザ版に両対応

1位になったのはWSLの機能をファイルエクスプローラーが統合したというニュース記事。マイクロソフトは今月16日からオンラインイベントのBuildを開催予定なので、おそらくそこでWSL 2の正式版リリースが発表されるのでしょうね。

2位のZoomはWeb会議の参加者が短期間で30倍にまで急増したという記事。これほどの成長はクラウドなしには実現不可能ですね。

続いて4位以下をどうぞ。

4位 GitHub、チームでの利用も無料に。プライベートリポジトリ数も制限なく、チームディスカッション、ActionsによるCI/CDも可能

5位 国内パブリッククラウド市場、トップはAWS、2位はマイクロソフト、3位は富士通がGoogleを上回る。Synergy Research Group

6位 SlackがMicrosoft Teamsと連携。SlackからTeamsのビデオ会議を開始可能に。SlackからIP電話もかけられるように

7位 パッチ盤からケーブルを引っこ抜いてしまいCloudflareに障害発生。ケーブルにラベリングされておらずどれを戻すべきかすぐに分からず

8位 AWSのデスクトップ仮想化「WorkSpaces」が3カ月無料、ビデオ会議「Cisco Webex」が90日無料など、いまだから無料で使える主要リモートワークツールまとめ

9位 サーバレスRedisを提供する「Lambda Store」登場。無料で256MB、25同時接続まで利用可能

10位 「Visual Studio Code」2020年3月版の新機能、時系列でファイルへの操作履歴「タイムラインビュー」、PC間で設定の同期、Undo/Redoがファイル再開後も有効など

2020年4月の運営報告

毎月恒例の運営報告です。Google Analyticsによると、2020年4月のページビューは44万6192、ユニークユーザーは21万6179でした。

大型連休はNetflixに加入して攻殻機動隊の最新作を見て、それからスターウォーズの最新作も見ようと思ったのですが、スターウォーズをみるところまで時間を作れませんでした……。近いうちにちゃんと時間を作りたいものです。

5月は実質営業日が少なめですが、引き続き頑張って記事を出し続けていきますので、引き続きご愛読のほどよろしくおねがいします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本