クラウドネイティブな開発者は世界で650万人へと急増、400万人の開発者がサーバレスを利用など、CNCFの2019年第4四半期調査報告

2020年8月20日

Kubernetesなどのオープンソースソフトウェアの開発をホストし、クラウドネイティブを推進する団体「Cloud Native Computing Foundation」は、ソフトウェア開発者に関する調査報告「Cloud Native Development Report for Q4 2019」を発表しました

この調査報告は、年に2回行われているSlashData社の調査をもとに作成されているもの。調査は2019年11月から2020年2月のあいだに行われ、4179の回答がありました。

クラウドネイティブ開発者が650万人へ

調査報告によると、クラウドネイティブな開発者は650万人となり、わずか半年で3倍180万人以上の急激な増加を見せています。

また、Kubernetesを利用している開発者が170万人、サーバレスを利用している開発者は400万人。

fig

バックエンド開発者が利用しているプラットフォームに目を向けてみると、バックエンド開発者がそれと意識していないとしても、Kubernetesを背後で活用しているコンテナサービスが人気を得ていることが示されています。

fig

さらに詳細な報告書の内容が無料で公開されていますので、興味のある方はぜひ参照してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本