AWS、Azure、Googleがクラウドインフラ市場で下位との差をさらに広げる。ただしアリババは例外。2018年第4四半期、Synergy Research Group

2019年2月12日


調査会社のSynergy Research Groupは、2018年第四4半期におけるクラウドインフラサービスの調査結果を発表しました

クラウドインフラサービスは、IaaSとPaaS、ホステットプライベートクラウドを合わせたもの。

シェアトップはこれまでと変わらずAmazon Web Services(AWS)で、2位にダブルスコア以上の差を付けていますが、1年前の2017年第4四半期と比較すると2位のマイクロソフトとの差は着実に縮まっていることが見て取れます。

fig

注目すべきは、1位のAWS、2位のマイクロソフト、3位のGoogleがいずれもこの1年でシェアをさらに伸ばしているところでしょう。上位3社と下位のクラウドベンダとの差が少しずつ開いて、大手ベンダによるクラウド市場の寡占が少しずつ進行している状況です。

ただしそれに唯一逆らっているのがアリババです。

4位のIBM、そしてNext 10に入っているはずの富士通、NTT、オラクル、Rackspace、Tencent、Salesforce.comなどは合計でシェアを下げているのにも関わらず、アリババは シェアを伸ばしています。

中国の企業であるアリババがグローバルなクラウド市場においてこのままシェアを伸ばし、存在感を増してきたとき、同じく中国の企業であるファーウェイやZTEが米国などから安全保障上の理由によって制約を課せられたのと同じようなことが、果たしてクラウド市場でも起きるのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
AWSがApache Software Foundationの最上位スポンサーである「プラチナスポンサー」に

≪前の記事
NTPサーバと時刻同期するセイコーの掛け時計「NTPクロック」販売開始。電源はPoE対応


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig