MongoDBもサーバレスプラットフォーム提供開始、「MongoDB Stitch」正式リリース

2018年7月2日

NoSQLデータベースとして知られるMongoDBの開発元であるMongoDB社は、6月27日にニューヨークで開催された同社のイベント「MongoDB World'18」において、サーバレスプラットフォームの「MongoDB Stitch」が正式リリースされたことを発表しました。

MongoDB Stitch

MongoDB Stitchは、1年前のMongoDB World 2017でモバイルBaaSとして発表され、RESTful API経由でのMongoDBデータベースへのアクセスやユーザー認証機能などを提供するものでした。

MongoDB Stitch fig2

発表以来、MongoDB StitchはJavaScriptで記述したファンクションの実行やトリガーなどの機能強化によりサーバレスプラットフォームとして再定義され、今回正式版としてリリースされました。

MongoDB Stitchの主な機能は以下となっています。

Stitch QueryAnywhere
DBaaSとして提供されているMongoDB Atlasに対して、RESTful API経由でWebアプリケーションやモバイルデバイスやIoTデバイスなどからのアクセスを提供。

Stitch Functions
サーバレスプラットフォームとしてJavaScriptによるファンクションを定義、実行することが可能。SlackやTwilioなどとの連係も可能。

Stitch Triggers
アプリケーションやデータベースの変更などのトリガーを定義し、ファンクションを実行。

Stitch Mobile Sync
MongoDB Mobileに対してデータの同期を行う。現在MongoDB Mobielがベータ版として発表されており、このStitch Mobile Sync機能もベータ版となる。

MongoDB Stitchはサービスとして提供されており、現時点ではAWSの米西1リージョンで稼働しています。

MongoDB World 2018関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ NoSQL / データベース / MongoDB



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本