MongoDBもサーバレスプラットフォーム提供開始、「MongoDB Stitch」正式リリース

2018年7月2日

NoSQLデータベースとして知られるMongoDBの開発元であるMongoDB社は、6月27日にニューヨークで開催された同社のイベント「MongoDB World'18」において、サーバレスプラットフォームの「MongoDB Stitch」が正式リリースされたことを発表しました。

MongoDB Stitch

MongoDB Stitchは、1年前のMongoDB World 2017でモバイルBaaSとして発表され、RESTful API経由でのMongoDBデータベースへのアクセスやユーザー認証機能などを提供するものでした。

MongoDB Stitch fig2

発表以来、MongoDB StitchはJavaScriptで記述したファンクションの実行やトリガーなどの機能強化によりサーバレスプラットフォームとして再定義され、今回正式版としてリリースされました。

MongoDB Stitchの主な機能は以下となっています。

Stitch QueryAnywhere
DBaaSとして提供されているMongoDB Atlasに対して、RESTful API経由でWebアプリケーションやモバイルデバイスやIoTデバイスなどからのアクセスを提供。

Stitch Functions
サーバレスプラットフォームとしてJavaScriptによるファンクションを定義、実行することが可能。SlackやTwilioなどとの連係も可能。

Stitch Triggers
アプリケーションやデータベースの変更などのトリガーを定義し、ファンクションを実行。

Stitch Mobile Sync
MongoDB Mobileに対してデータの同期を行う。現在MongoDB Mobielがベータ版として発表されており、このStitch Mobile Sync機能もベータ版となる。

MongoDB Stitchはサービスとして提供されており、現時点ではAWSの米西1リージョンで稼働しています。

MongoDB World 2018関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本