MongoDBもサーバレスプラットフォーム提供開始、「MongoDB Stitch」正式リリース

2018年7月2日


NoSQLデータベースとして知られるMongoDBの開発元であるMongoDB社は、6月27日にニューヨークで開催された同社のイベント「MongoDB World'18」において、サーバレスプラットフォームの「MongoDB Stitch」が正式リリースされたことを発表しました。

MongoDB Stitch

MongoDB Stitchは、1年前のMongoDB World 2017でモバイルBaaSとして発表され、RESTful API経由でのMongoDBデータベースへのアクセスやユーザー認証機能などを提供するものでした。

MongoDB Stitch fig2

発表以来、MongoDB StitchはJavaScriptで記述したファンクションの実行やトリガーなどの機能強化によりサーバレスプラットフォームとして再定義され、今回正式版としてリリースされました。

MongoDB Stitchの主な機能は以下となっています。

Stitch QueryAnywhere
DBaaSとして提供されているMongoDB Atlasに対して、RESTful API経由でWebアプリケーションやモバイルデバイスやIoTデバイスなどからのアクセスを提供。

Stitch Functions
サーバレスプラットフォームとしてJavaScriptによるファンクションを定義、実行することが可能。SlackやTwilioなどとの連係も可能。

Stitch Triggers
アプリケーションやデータベースの変更などのトリガーを定義し、ファンクションを実行。

Stitch Mobile Sync
MongoDB Mobileに対してデータの同期を行う。現在MongoDB Mobielがベータ版として発表されており、このStitch Mobile Sync機能もベータ版となる。

MongoDB Stitchはサービスとして提供されており、現時点ではAWSの米西1リージョンで稼働しています。

MongoDB World 2018関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
IaaS+PaaSクラウドの売り上げ、AWSが世界のどの地域でも1位に。全世界の4位にはAlibabaが登場。Synergy Research

≪前の記事
MongoDB Moblie発表。フル機能のMongoDBがiOS/Androidに対応、サーバのMongoDBとのデータ同期も可能に


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig