Kubernetes 1.11が正式リリース。より軽量なIPVSロードバランシング採用、KubeDNSからCoreDNSへ、Kubeletの動的コンフィグレーションなど

2018年7月4日

コンテナオーケストレーションツールKubernetesの最新版となる「Kubernetes 1.11」が正式にリリースされました

Kubernetes 1.11 Release

Kubernetes 1.11ではクラスタのスケーラビリティに関する2つの大きな変更が完了し、より高いスケーラビリティを安定して実現できるようになっています。Kubernetesのコア機能が大きく進歩したリリースと言えます。

CoreDNSがKubernetesのデフォルトDNSとして選択可能に

その1つ目は、KubeDNSからCoreDNSへの変更が完了した点です。

Kubernetesはオーケストレーション機能を実現するために内部にDNS機能を必要としており、これまではそこにKubernetesの開発エンジニアがKubernetes開発の合間に開発しメンテを行ってきたKubeDNSが用いられていました。

これを、よりシンプルで安定したCoreDNSへ移行する作業が進められていましたが、このKubernetes 1.11からデフォルトのDNSとしてCoreDNSが選択可能となりました。

CoerDNSはKubernetesの開発をホストしているCloud Native Computing Foundationの正式な開発プロジェクトの1つであり、専門のコントリビュータらがしっかりと開発とメンテナンスを行っています。単一のGoバイナリで実行される、よりシンプルかつ軽量で高速なDNSです。

IPVSベースのロードバランス採用

2つ目は、クラスタ内のノードに対するロードバランスとして、IPバーチャルサーバ(IPVS)ベースのものが正式にリリースされたことです。

これはカーネルの仮想ネットワーク機能やルーティング機能を活用してロードバランスを行うもので、よりもシンプルで高速なロードバランスや、クラスタのスケーラビリティ向上などを実現します。

動的なKubeletのコンフィグレーションが可能に

KubernetesのPodを管理するエージェントであるKubeletは、これまで起動時にコンフィグレーションファイルを読み込むことで設定が行われてきましたが、Kubernetes 1.11では実行中のKubeletに対してコマンドラインなどで動的に設定を変更する機能がベータ版として加わっています。

そのほかパーシステントボリュームに対するオンラン状態でのリサイズ機能など、多くの新機能がKubernetes 1.11で加わっています。

あわせて読みたい

Kubernetes コンテナ型仮想化




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本