Java EEに代わる新名称が「Jakarta EE」に決定

2018年3月5日


Eclipse Foundationが策定していたJava EEに代わる新名称が「Jakarta EE」に決まりました。Eclipse FoundationのエグゼクティブディレクターMike Milinkovich氏のブログ「Life at Eclipse」に投稿された記事「And the Name Is…」で明らかにされました。

新名称は、コミュニティから公募した多数の名称のなかから最終候補として「Jakarta EE」と「Enterprise Profile」の2つが選ばれ、決選投票が2月23日まで行われていました。

新名称の選定にあたっては、「Java」という名称がオラクルの登録商標であるために「Java」で始まらないこと、またEclipse Foundationのトレードマークガイドラインに沿って、性的、人種差別的、あるいは問題を引き起こしそうな名称でなないこと、などの条件がありました。

投票結果によると、全投票者6959人のうち64.4%が「Jakarta EE」へ投票したとされています。「Jakarta」は、以前Apache Software Foundationが運営していたJava関連のプロジェクト名でした。このプロジェクトからAntやStruts、Tomcat、Luceneなど多くのソフトウェアが登場しました。

これによりJava EEがJakarta EEに代わるほか、以下のような名称変更も行われます。

Java EE --> Jakarta EE
Glassfish --> Eclipse Glassfish
Java Community Process(JCP)
--> Eclipse EE.next Working Group(EE.next)
Oracle development management
--> Eclipse Enterprise for Java(EE4J)Project Management Committee(PMC)

つまり、Eclipse Foundationの「Eclipse Enterprise for Java」(EE4J)プロジェクトによって運営されるEclipse EE.next Working Groupによって開発されるエンタープライズ向けJavaフレームワークの仕様が「Jakarta EE」である、ということになるようです。

また、「Java Community Process」(JCP)については引き続きJava SEやJava MEのJCPが存続するため、Jakara EEに関するJCPの新名称として「Eclipse EE.next Working Group」が使われる、ということになります。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
Googleが「Dart 2」発表、Dartを再起動。iOS/Android用ライブラリ「Flutter」と共にWebとモバイルのクライアント開発にフォーカス

≪前の記事
来月にはJava 10が登場/「ITエンジニア本大賞2018」ベスト10/AppleもiOS/macOSをProgressive Web Apps(PWA)対応へ、ほか。2018年2月の人気記事


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig