Java EEの策定はEclipse Foundationへ、オラクルからの移管を発表

2017年9月14日

オラクルはJava EEの策定をEclipse Foundationへ移行することを発表しました。(参考日本語訳

Eclipse Foundationも歓迎の意を表明しています。

オラクルは先月、もうすぐ策定が終了するJava EE 8の登場を機に、今後のJava EEの策定をオープンソースコミュニティへ移管することを模索していることを明らかにしていました

この時点ではどのコミュニティに移管するのかは検討中とのことでしたが、その後Java EEの主要なコントリビュータであるRed HatやIBMにも相談したうえで、移管先をEclipse Foundationにしたことを9月12日付けのブログ「Opening Up Java EE - An Update」で、発表しました。

オラクルはJava EEのテクノロジー、Java EEの実装であるGlassFishテクノロジーなどをEclipse Foundationに再ライセンスします。これには参照実装やTCK(Technology Compatibility Kit)なども含まれています。

オラクルは今夏に予定されているJava EE 8の完成後、速やかに移管できるようにするとのこと。

オラクルはJava EEの進化をコミュニティにゆだねた

Java EEは2016年6月に、コミュニティからオラクルに対して仕様策定の動きが鈍くなっているとの指摘とともに、Java EEの前進を訴える「Java EE Guardians」というムーブメントが起こりました。

2016年7月にオラクルはこうした声にこたえる形で次期Java EEに関するコメントを発表。9月にサンフランシスコで開催されたJavaOne 2016では、Java EE 8は2017年末までに開発完了するとの計画とロードマップを発表しました

Java EE RoadmapJavaOne 2016で発表されたJava EEのロードマップ

今回、オラクルがJava EEの策定をEclipse Foundationへ移管したのは、こうしたコミュニティからの意見を踏まえて今後のJava EEの進化をコミュニティにゆだねることにしたのだといえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Eclipse , Java , Java EE , Oracle



≫次の記事
オラクル、Kubernetesの開発をホストする「Cloud Native Computing Foundation」へ加盟。マイクロソフト、AWS、VMwareなどKubernetesへの支持が続く
≪前の記事
VMware、同社技術に深くコミットするクラウドプロバイダとしてIBM、富士通、Rackspaceなど「VMware Cloud Verified」5社を発表。

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig