オープンソースのコンテナレジストリ「Harbor」がCloud Native Computing Foundationのプロジェクトに。開発元はVMware

2018年8月7日

VMwareがオープンソースで開発していたコンテナレジストリの「Harbor」が、Kubernetesなどの開発をホストするCloud Native Computing Foundation(CNCF)のプロジェクトの1つに採用されたことが発表されました

Harborは、Docker HubやDocker Registryのような、コンテナイメージを保存し公開する、いわゆるコンテナレジストリと呼ばれる機能を実装したソフトウェアです。

Harbor

HarborはもともとVMwareが社内で利用するために開発され、その後オープンソース化されました。すでに商用ソフトウェアとしてリリースされている「vSphere Integrated Containers」や「Pivotal Container Services」(PKS)などの製品に採用されるなど、一定の機能と成熟度を備えています。

定期的な脆弱性のスキャンやレプリケーションによるスケールアウトなどを実現

Harborの主な特長には、以下のようなものが挙げられます。

  • マルチテナント対応の署名と認証
  • コンテナイメージに対して定期的な脆弱性のスキャンを実行
  • ロールベースのアクセスコントロール
  • 複数のHarborインスタンス間でイメージをレプリケーション可能なスケールアウト機能
  • 拡張可能なAPIとグラフィカルなUI

CNCFにおけるHarborは「sandbox project」と呼ばれる初期段階のプロジェクトとなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本