Oracle DBのバージョンが「12c」から一気に「18c」へ、2018年由来。Oracle OpenWorld 2017

2017年10月2日


オラクルはサンフランシスコで自社イベント「Oracle OpenWorld 2017」を開催中です。

すでに記事「[速報]「Oracle 18c Autonomous Database」発表。エリソン氏「世界初の自律的なデータベース」。Oracle OpenWorld 2017」で紹介したように、同社の次期データベースのバージョンは「Oracle 18c Autonomous Database」という名称となり、バージョン番号が現在の「12c」から一気にとんで「18c」となりました。

※ 参考:[速報]オラクル「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」正式公開。機械学習を用いて全自動で運用、チューニング、パッチ適用など実現
※ 参考:オラクル、AWSとAzureでのOracle DBライセンス体系を変更。コア係数が適用外になり、ライセンス価格が2倍に

18cは2018年由来のバージョン番号

これについて同社の創業者兼CTOのラリー・エリソン氏は基調講演で次のように説明しています。

「18cの18は2018年のことだ。Oracle 18c Autonomous Datawarehouseは2017年12月から出荷されるけれども、自動車のモデルナンバーのようなものだ」

Oracle 18c Autonomous DatabaseはOLTP版とAnalytics版

「12c」の次のバージョン番号は縁起の悪い数字「13」を含む「13c」です。これを回避する意味もあったのではないかと推測されます。

製品ラインはOLTPとAnalyticsの2つに

また、Oracle DatabaseはこれまでOLTPとDatawarehouseの両方に対応するソフトウェアとして展開されてきましたが、18cからはOLTPとAnalyticsの2つの製品ラインに分かれることも明らかになりました。

Oracle 18c Autonomous DatabaseはOLTP版とAnalytics版

Analytics版が今年12月に、OLTP版が来年2018年6月にリリースされる予定。

また、クラウドサービスとしても提供される予定です。

Oracle 18c Autonomous Databaseの今後のラインナップ

Oracle OpenWorld 2017

参考:オラクルの自律型データベース「Oracle Autonomous Database」登場。高度な機械学習によるチューニング自動化で、管理者は次になにを学ぶべきか?[PR]
参考:オラクル、人手不要の全自動運用を実現するOracle Databaseをクラウドで提供すると発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
[速報]Java対応のサーバレスプラットフォーム「Fn Project」、オラクルがオープンソースで公開。JavaOne 2017

≪前の記事
[速報]エリソン氏、Amazon RedshiftからOracleへの移行で利用料半額以下、契約書に明記すると宣言。Oracle OpenWorld 2017


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig