[速報]オラクル、コンテナネイティブなクラウド環境「Oracle Container Native Application Development Platform」発表。Oracle OpenWorld 2017

2017年10月4日

サンフランシスコで開催中の「Oracle OpenWorld 2017」。3日目の基調講演に登壇した同社プレジデント、製品開発担当のトーマス・クリアン(Thomas Kurian)氏は、コンテナネイティブな開発環境をクラウドサービスで提供する「Oracle Container Native Application Development Platform」を発表しました

Oracle OpenWorld 3日目の基調講演

Oracle Container Native Application Development Platformは、Dockerの実行環境としてOracle Container Engine、Kubernetes、Docker Registryなどのコンテナ環境をマネージドサービスとして提供します。

Oracle Container Native Application  Development Platform

さらに継続的インテグレーション/継続的デリバリ環境も提供されているため、開発者はすぐコンテナ対応のアプリケーション開発に取り組むことができるようになっています。

IaaSもコンピュート、GPU、ストレージ、ネットワークのすべてを強化

クリアン氏はまた、同社のIaaS型クラウドサービスにおいてもコンピュート、GPU、ストレージ、ネットワークのすべてにおいて強化したサービスの投入を発表しました。

Oracle Cloud IaaS Compute
Oracle Cloud IaaS GPU
Oracle Cloud IaaS Storage
Oracle Cloud IaaS Network

Oracle OpenWorld 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Oracle , Oracle Cloud


次の記事
[速報]オラクル、サーバレスコンピューティング環境をクラウドで提供。オープンソースとして発表したばかりの「Fn Project」採用。Oracle OpenWorld 2017

前の記事
Javaのコードをさらに読みやすくする「Project Amber」。JavaOne 2017


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig