[速報]Amazon EKS発表。Kubernetesのマネージドサービス。AWS re:Invent 2017

2017年11月30日

Amazon Web Services(AWS)がラスベガスで開催中の年次イベント「AWS re:Invent 2017」。現地時間の11月29日(日本時間30日未明)に、同社CEO Andy Jassy氏による基調講演が行われました。

AWS re:Invent 2017

Jassy氏による最初の大きな発表は、Kubernetesのマネージドサービスである「Amazon Elastic Container Service for Kubernetes」(Amazon EKS)です

Amazon EKS

3つのアベイラビリティゾーンにまたがる高可用性を実現

Amazon EKSでは、標準のKubernetesと互換性を保ち、既存のKubernetesのプラグインやツールがそのまま使用可能。

さらに自動的に3つのアベイラビリティゾーンに対してデプロイされるため、単一障害点を持たない高可用性を実現。「これはほかのKubernetesのサービスとは大きく異なるところだ」(Andy Jassy氏)

マネージドサービスであるため、Kubernetesに対して自動的にパッチの適用やアップグレードが行われます。

CloudTraiやCloudWatch、Amazon ELB、Amazon VPCなどのAWSの各種サービスとも統合されています。AWSはKubernetsの開発主体であるCloud Native Computing Foundationやコミュニティなどと連携しつつ、こうした強化を行っているとのこと。

AWSは今年8月にCloud Native Computing Foundationのプラチナメンバーとして加盟しています。同社が標準化団体やオープンソースの開発主体に参加することは珍しいことだったのですが、このAmazon EKSの開発に関連したものだったようです。

Amazon EKS fig2

Amazon EKSは、プレビュー版が本日より公開されています。

AWS re:Invent 2017 before keynote

AWS re:Invent 2017 Keynote day1

AWS re:Invent 2017 Keynote day2

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ AWS / Kubernetes / クラウド



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本