DevOpsの採用は大企業が先行、DockerとAnsibleの利用は1年で倍増。RightScaleがDevOpsの調査結果を発表

2016年6月13日

マルチクラウドに対応したマネジメントサービスを提供している米RightScaleが、DevOpsに関する調査結果を発表しました。調査対象は1060人のITプロフェッショナルで、うち42%が1000人以上の大企業に勤めています。

調査結果では、大企業の方が中堅中小よりもDevOpsの導入が進んでいること、Dockerの利用が急速に立ち上がっていること、ChefとPuppetを両方採用している企業が多いことなどが示されています。

主な調査結果のグラフを見てみましょう。

大企業(Enterprise)と中堅中小(SMB)では、大企業のDevOps採用が81%、中堅中小では70%と、大企業の方がDevOpsの採用が進んでいることが分かります。

fig

利用しているDevOpsのツールでは、PuppetとChefが32%で並んでいることが分かります。2015年のグラフ(グレイのマーカー)では、Chefが28%、Puppetが24%とChefがリードしていましたが、Chefの伸びがやや鈍っているのかもしれません。

一方で3位と4位に入っているDockerとAnsibleがそれぞれ13%がから27%、10%から20%と二倍もの大きな伸びを見せているのが注目されます。

fig

ChefとPuppetに注目してみると、この2つを同時に利用している組織が多い結果が出ています。これはやや意外な結果なのではないでしょうか。

fig

Dockerを採用している組織にとって、青いマーカーで示されている課題はセキュリティと技術の成熟不足ということでした。

一方、未採用の組織にとっては経験不足が最大の課題のようです。

fig
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ DevOps / Docker / 業界動向



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本