Microsoft Azure、機械学習やストレージなどに最適化した新しい仮想マシン「Hシリーズ」「Lシリーズ」「Nシリーズ」を発表。Microsoft Ignite 2016

2016年9月28日

マイクロソフトは米アトランタで開催したイベント「Microsoft Ignite 2016」で、Microsoft Azureの新機能を大量に発表しました。

fig

主な新機能の1つとして発表されたのが、3種類の新しい仮想マシンです。

fig

Hシリーズはハイパフォーマンスを指向した仮想マシン。同社によるとパブリッククラウドで最速のHaswell E5プロセッサと、Infinibandによる低遅延なネットワークとRDMAを利用。HPCなどの用途に最適とのこと。

Lシリーズはストレージに最適化された仮想マシン。8GBのメモリと最大6TBのSSDを搭載 し、低遅延のストレージに最適化。NoSQLデータベースの処理などに適しています。

NシリーズはGPU対応の仮想マシン。NVIDIAの協力により、M60とK80 GPUを搭載。GPUによるシミュレーション、ビジュアライゼーション、さらに深層学習、予測分析などの処理に適しています。

さらに、SAP HANA on Azureの正式版公開(General Availability)も発表。インメモリデータベース機能を備えるSAP HANAでは、OLAPとして32TB、OLTPとしては3TBのデータベース処理が可能。

fig

一挙に3種類の仮想マシンとSAP HANA on Azureを発表したことで、Microsoft Azureの仮想マシンの種類はこれまでの4種類から倍増することになります。

fig

Microsoft Ignite 2016

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本