マイクロソフト、Dockerコンテナをクラウドに展開する「Azure Container Service」公開プレビュー。オーケストレーションツールにApache MesosとDocker Swarmを採用

2016年2月18日

マイクロソフトはクラウドサービス「Microsoft Azure」上でDockerコンテナを容易に展開できるサービス「Azure Container Service」の公開プレビューを開始しました

Azure Container Service | Microsoft Azure

Azure Container Serviceは、Dockerイメージをクラウドにデプロイし、分散システムとして実行、オーケストレーションなどを容易に実現するフルマネージドなサービス。

オーケストレーションツールとしてApach MesosもしくはDocker Swarmが用意されています。

Azure Container Serviceの仕組みは内部でMicrosoft Azureのリソースマネジャと連係しており、リソースのタグ付、ロールベースのアクセスコントロール、そしてAzureマネジメントポータルと統合されています。

Azure Container Serviceは昨年9月に発表されました。当初はLinux版のDockerコンテナをサポートしますが、Windows版Dockerコンテナへも対応予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本