EMC、分散ストレージソフト「ScaleIO」の無償提供を発表。オープンソースのCephよりも高速だと強調。EMC World Las Vegas 2015

2015年5月8日

EMCは米ラスベガスで5月4日から4日間開催したイベント「EMC World Las Vegas 2015」で、ブロックストレージ機能を提供する分散ストレージソフトウェア「ScaleIO」の無償提供を発表しました。

fig

ScaleIOはもともと同社が2013年に買収したScaleIO社の製品で、その後EMCの製品としても販売。コモディティサーバにインストールすることでそのサーバをストレージサーバにするもので、最大の特長はスケールアウト機能です。ScaleIOによるストレージサーバをネットワーク上で増やしていくと、台数に応じてI/O性能も向上します。

fig

また、ScaleIOはストレージサーバの動的な追加や削除が可能で、一部のサーバが障害で落ちても全体としての運用は継続可能など、耐障害性も備えています。

分散ストレージによってブロックストレージ機能を実現するソフトウェアとしては、オープンソースのCephが有名です。EMCはScaleIOとCephを比較し、ScaleIOのほうがレスポンスタイムもIOPSも優れており、またCephは管理が複雑で、ScaleIOの方が管理が容易だと説明。

fig

ScaleIOはVCEが発表した統合サーバのVXRACKでも採用されているとのこと。

fig

今後も機能強化を続け、高可用性機能として運用中のアップグレード、リバランシングデータ、IPv6対応、ネットワーク暗号化、ディザスタリザスタリカバリ、リカバリポイント機能などを追加していくとのことです。

fig

ScaleIOは今月中に無償提供を開始予定。無償版であっても容量の制限や利用期限なく使えると説明されています。

EMC World Las Vegas 2015

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ ストレージ / ハードウェア / EMC / Software-Defined Storage



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本