EMC、Software-Defined Storageコントローラ「ViPR」をオープンソースで公開。EMC World Las Vegas 2015

2015年5月8日

EMCは米ラスベガスで5月4日から4日間開催したイベント「EMC World Las Vegas 2015」で、Software-Define Storageコントローラの「ViPR」をオープンソース化することを発表しました

オープンソースのプロジェクト名は「Project CoprHD」(copperhead:コッパーヘッドと呼ぶようです)。

fig

ViPRは2013年に米ラスベガスで開催されたEMC World 2013で発表されたソフトウェア。EMCや他社のストレージを複数たばねて仮想ストレージを構成する機能を備えています。

fig

2014年1月には、このViPRの無償提供を発表

1年前の2014年5月に開催された「EMC World 2014」では、ブロックストレージ機能やOpenStack APIに対応したViPR 2.0を発表していました

fig

Software-Defined Storageの成功にはデベロッパーが不可欠

なぜEMCはViPRをオープンソース化するのでしょうか。それは、まだ混沌としているSoftware-Defined Storageの分野で抜きんでた存在になるには、デベロッパーからの支持が不可欠だとEMCが考えているためです。

Software-Defined Storageは、当然ながらそのAPIを利用してくれるアプリケーションソフトウェアのエコシステムが活発なほどその価値を増していき、市場で重要な存在になっていきます。そのためにEMC、はViPR/CoprHDのオープンソース化によってデベロッパーを引きつけることを重視しているわけです。下記は同社のプレスリリースから。

Building a strong developer community is crucial to the future success of EMC’s Software-Defined Storage and storage automation and management products. To ensure strong support for this effort, EMC is investing engineering and community resources to contribute and support Project CoprHD.

強力なデベロッパーコミュニティーはEMCのSoftware-Defined Storageとストレージオートメーションおよび管理製品群の将来の成功に不可欠です。この取り組みを確実なものにするため、EMCはProject CoprHDへのエンジニアリングおよびコミュニティリソースへ投資していきます。

ViPRはEMCにとって初めてオープンソース化したソフトウェアであり、同社は今後さらに第二、第三のオープンソースソフトウェアを展開していくと説明しています。

EMC World Las Vegas 2015

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : EMC , Software-Defined Storage , ストレージ



≫次の記事
日本のクリエーションラインがDocker社とパートナーシップ契約を締結。Dockerソリューションを提供
≪前の記事
EMC、分散ストレージソフト「ScaleIO」の無償提供を発表。オープンソースのCephよりも高速だと強調。EMC World Las Vegas 2015

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig