[速報]Amazon API Gateway発表。スケーラブルかつセキュアに外部へAPIを公開するためのゲートウェイ機能を提供。AWS Summit 2015 New York

2015年7月10日

Amazon Web Servicesは、現在開催中のイベント「AWS Summit 2015 New York」で、新サービスとなる「Amazon API Gateway」を発表しました。

これを利用することで、Amazonクラウド上のアプリケーションやネットで公開されているアプリケーションからセキュアでスケーラブルなAPIを公開することができるようになります。ネット上でのサービス公開、モバイルアプリケーションのバックエンドサービスなどの用途に適しています。

基調講演での内容をダイジェストで紹介します。

スケーラブルでセキュアなREST APIを提供する

Twilio(API経由で電話をかけてメッセージを流せるサービス)のように、あなたの組織が持つビジネスナレッジをコンポーネント化して外の世界に提供することができるようになった。

fig

そしてそうした組織が持つ専門性を組み合わせることで、あらたなアプリケーションが作れるが、APIを設定し、公開することは簡単なことではない。

fig

そこで「Amazon API Gateway」を発表する。

fig

Amazon API Gatewayは、スケーラブルでセキュアなREST APIのエンドポイントを提供するフルマネージドのサービスだ。EC2のアプリケーションでもLambdaアプリケーションでも利用できる。

fig

使い方は、まずアプリケーションなどを用意し、エンドポイントとなるURLを設定する。

fig

公開するREST APIのGET、PUT、POSTに対応するアプリケーションのメソッドを割り当てる。EC2のアプリケーションでも、Lambdaアプリケーションでも、ネット上のアプリケーションのプロキシーとしても設定できる。

fig

バージョン設定などを行い、デプロイする。

fig

Amazon API Gatewayの特徴の1つは、APIのスケーラビリティのためにAPIゲートウェイキャッシュを提供する。

また、CloudWatchのメトリックスでAPIの利用状況も監視できる。

fig

つまりAmazon API Gatewayは、APIのバージョニング、メータリング、キャッシング、認証、JavaScript/iOS/Androidから呼び出すためのSDKも生成する。

fig

これにより、スケーラブルでロバスト、セキュアなAPIを実現する。今日から利用可能だ。

参考:【AWS発表】Amazon API Gateway - スケーラブルなアプリケーションバックエンドの構築と実行

AWS Summit 2015 New York

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ AWS / クラウド / PaaS



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本