[速報]マイクロソフト、フル機能の無料版「Visual Studio Community 2013」公開

2014年11月13日

マイクロソフトは11月12日(日本時間13日未明)、同社のイベントConnect();において、フル機能を備えた無料のVisual Studioコミュニティ版「Visual Studio Community 2013」を発表しました

fig

プレスリリースから説明を引用します。

Visual Studio Community 2013 is a free, fully featured edition of Visual Studio including full extensibility. Targeting any platform, from devices and desktop, to Web and cloud services, the community edition provides developers with easy access to Microsoft’s Visual Studio toolset for all nonenterprise application development. Developers can get started with Visual Studio Community 2013 here.

Visual Studio Community 2013は無料で全機能版のVisual Studioであり、すべての拡張性を備えています。あらゆるプラットフォーム、デバイスからデスクトップ、Web、クラウドサービスをターゲットにしています。このコミュニティエディションは、非業務用のアプリケーション開発用に、Visual Studioの機能をデベロッパーに容易に提供します。Visual Studio Community 2013はここから始めることができます

(日本語版のVisual Studio Community 2013のページはこちら

Visual Studio Community 2013の公開は、あわせて発表されたLinuxとMacOS X用オフィシャルディストリビューションの「.NET server framework」の活用などを推進し、多くのデベロッパーをWindowsよりもむしろ.NETへと引きつけるという戦略に向けて公開されたのではないかと推測されます。

追記(2014/11/13 9:40):Visual Studio Community 2013のページによると、Visual Studio Community 2013を利用可能になるのは以下の条件のいずれかに合致するユーザーの場合と説明されています。

  • 大学関係者
  • 非営利団体従事者
  • オープン ソース開発者
  • 開発者 5 名以下の中小企業

Connect();関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ プログラミング言語 / 開発ツール / Microsoft



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本