[速報]マイクロソフト、サーバサイドの「.NET Core Rutime」と「.NET Framework」のオープンソース化を発表。C#コンパイラやASP.NETなど

2014年11月13日

マイクロソフトは11月12日(日本時間13日未明)、同社のイベントConnect();においてサーバサイドの.NET Core Rutimeおよび.NET Frameworkのオープンソース化を発表しました

具体的には、C#のJITコンパイラ、ASP.NETなど.NET Frameworkを含み、サーバサイドの.NETアプリケーションの開発、ビルド、実行に必要な全てが揃っています。

fig .NET Core Runtimeと.NET Frameworkのオープンソース化を発表するスコット・ガスリー氏

関連するソースコードはGitHub上で公開されています

マイクロソフトは.NETのオープンソース化と同時に、LinuxとMacOS X用のサーバサイド.NET Server Frameworkを発表。LinuxとMac OS Xでも.NETアプリケーションの開発と実行を可能にするとしました。

Connect();関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 開発ツール / 言語 / プログラミング
タグ  Microsoft , 開発ツール


次の記事
[速報]マイクロソフト、「.NET server framework」のLinuxとMacOS X用オフィシャルディストリビューションを発表。.NETアプリケーションのビルド、実行が可能に

前の記事
IBM、SoftLayerの東京データセンターを12月中旬に開設。サーバ1万5000台を用意


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig