Windows Azureの国内リージョンは来年「2014年前半」に開始予定、日本マイクロソフトが明らかに

2013年11月25日

今年の5月、マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマー氏が来日し、Windows Azureの国内リージョン設立を発表しました。あれから半年、都内で先週開催された「The Microsoft Conference 2013」の基調講演で、国内リージョンは来年、2014年前半に開始予定であることが明らかにされました。国内リージョンの時期について具体的な説明があったのは今回が初めてです。

fig 基調講演において、国内リージョンの設立時期の発表に使われたスライド

東日本サブリージョンと西日本サブリージョン

基調講演で日本マイクロソフト代表執行役社長 樋口泰行氏は、Windows Azureの国内リージョン開始を「来年のできるだけ早い時期に」と言及した上で、マイクロソフト コーポレートバイスプレジデント、サーバ&ツールマーケティングの沼本健氏が2014年前半であることを表明。

当初の予定どおり、国内リージョンは東日本サブリージョンと西日本サブリージョンの2つが予定されており、日本国内でディザスタリカバリー構成を実現できるのが大きな特徴です。データを国内に保ったまま地域分散を実現した利用者にとって望ましい構成になります。

グローバルなクラウドプロバイダーとしては、すでにAmazonクラウドが東京リージョンを2011年3月に開設、セールスフォース・ドットコムが2012年1月に東京データセンターをスタートさせています

マイクロソフトは、一気に2つのサブリージョンを立ち上げることで、これまでの後れを取り戻すための勢いを得たいところでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Microsoft Azure / クラウド / Microsoft / ディザスタリカバリ



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本