オラクルの仮想ネットワーク戦略は、InfiniBandの上に構築される

2013年4月5日

日本オラクルは4月4日、記者向けに同社の仮想ネットワークへの取り組みについての説明会を行いました。

同社の仮想ネットワーク戦略の核となるのは、昨年買収したXsigoのInfiniBand製品。現在は「Oracle Fabric Interconeect」と呼ばれています。物理媒体としてInfiniBandを利用することで低レイテンシで広帯域なネットワークを構築しつつ、そこに仮想的なNICやイーサネットのネットワークを設定する仕組みが提供されるため、アプリケーションからは従来と同様にイーサネットを利用しているように透過的に見える、というもの。

fig

Oracle Fabric InterconnectがInfiniBandの集約装置となり、ここにx86サーバからInfiniBandを接続します。物理的にはサーバから40ギガビットのInfiniBandが2本接続されている状態ですが、オラクル専用のドライバを使い、管理ツールから設定することで、サーバ内に任意の仮想NIC(vNIC)を動的に生成できます。

管理画面上で仮想NICをサーバ上に設定

デモでは、まだ仮想NICが何も設定されていないこのサーバに対して。

fig

画面の操作だけで、別々のクラウドに接続する2つのvNICが設定されました。

fig

これで仮想サーバごとにvNICを用意したり、あるいはWAN接続用とLAN接続用にそれぞれvNICを設けてセキュアに運用するといったことが可能になります。しかもこうした変更はサーバを一切止めずにオンデマンドで可能。

物理媒体はInfiniBandを利用しているため、通常のイーサネットよりも高速にデータ通信が行われるだけでなく、QoSも実現します。また、Fabric Interconnectからファイバーチャネルやイーサネット経由でストレージやほかのネットワークとの接続も実現します。

fig

InfiniBandへの集約と仮想的なNICやネットワークの構築によって、データセンターにおけるケーブルの多さなどからくる複雑性や、増大するデータ転送量などの課題を解決できる、とオラクルは製品のメリットを説明しています。

あわせて読みたい

ハードウェア 仮想化 InfiniBand Oracle ネットワーク



タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本