JavaScriptエンジンが改良されたIE9 Platform Preview 4公開

2010年8月10日

3月中旬に公開されたInternet Explorer 9の開発者向けバージョン(以下IE9 Platform Preview)はアップデートを繰り返し、数日前にIE9 Platform Preview 4の公開が開始されました

IE9 Platform Preview 4での改善点については、IEBlogのエントリ「HTML5, Modernized: Fourth IE9 Platform Preview Available for Developers」で詳しく紹介されていますが、今回注目すべきなのは、JavaScriptエンジンのChakraがIE9の本体に統合されたところでしょう。

JavaScriptエンジンをブラウザ内部に統合

解説によると、これまでのInternet ExplorerではJScript、VBScriptなどの複数のスクリプト言語をサポートするため、スクリプトエンジンがInternet Explorerの外部に存在し、それをブラウザ本体とCOMでつなぐ構造になっていたとのこと。以下の図は、IEBlogからの引用です。

fig

しかしIE9 Platform Preview 4からはこれを改め、ブラウザ内部にJavaScriptエンジンを統合しました。これにより、JavaScriptエンジンがより高速に動作するようになったとしています。

fig

また、IE9からはJavaSciptの対応バージョンは最新のECMAScript 5th Edition(ECMAScriptとは、JavaScriptの基となる仕様の名称)準拠となっているようですが、IE9 Platform Previewに対するフィードバックにより、ECMAScript 5th Editionの仕様のバグを発見しています。

具体的には、ECMAScript 5th Editionの仕様とそれ以前のECMAScriptで動作に違いがあることがIE9 Platform Previewにより発見され、過去との互換性維持のためにECMAScript 5th Editionの仕様のアップデートにつながったとのことです(詳細は「How IE9 Platform Preview Feedback Changed the JavaScript Standard」参照)。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本