Red Hat、「OpenShift.io」発表。Webブラウザだけでチーム開発/タスク管理/エディタとデバッガ/デプロイなどを実現するクラウドサービス。Red Hat Summit 2017

2017年5月9日

Red Hatは5月2日から3日間、米マサチューセッツ州ボストンで開催した年次イベント「Red Hat Summit 2017」において、チーム開発やWeb IDE、デプロイなどを含む総合的なクラウドアプリケーション開発環境を実現するサービス「OpenShift.io」(オープンシフトアイオー)を発表しました

OpenShift.ioは、クラウド基盤となるOpenShiftの上で、Web IDEの「Eclipse Che」、ビルドやデプロイ環境を構築する「fabric8」、パフォーマンスモニタの「Performance Co-Pilot」、そのほかOpenJDK、WildFly Swarm、Eclipse Vert.x、Spring Bootなどのさまざまなツールやフレームワークを一連のツールチェインとして実装し、クラウドサービスとしてまとめたもの。すべてWebブラウザから利用できます。

fig

具体的には次の機能が含まれていると説明されています。

fig

OpenShift.ioでは、チームのための「スペース」を設定すると、タスクの優先度付け、メンバーへのアサインなどが可能になります。

fig

タスクが割り当てられると、メンバーはWeb IDEを利用してコードを書き、デバッグなどを実行。

fig

書かれたコードは継続的統合のプロセスを経てデプロイされます。ここでOpenShift.ioが脆弱性や依存関係、メトリクスなどを分析してくれます。

fig

こうした機能によって、よりよいクラウドネイティブなアプリケーションを迅速に開発できるDevOps環境を実現できると説明されています。

OpenShift.ioは無料で利用可能(1GBのメモリと1GBのストレージまでの模様)。現在、限定デベロッパープレビューとなっています。

Red Hat Summit 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Eclipse , Red Hat , SaaS , 開発ツール


次の記事
AWSとRed Hatが提携拡大。AWSのサービスを、まるでOpenShiftのサービスのようにプロビジョニング、利用可能に。Red Hat Summit 2017

前の記事
Chrome 59で新しいJavaScriptインタプリタ「Ignition」とコンパイラ「Turbofan」が有効に。より省メモリかつ高速。「Crankshaft」は引退へ

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig