AWSとRed Hatが提携拡大。AWSのサービスを、まるでOpenShiftのサービスのようにプロビジョニング、利用可能に。Red Hat Summit 2017

2017年5月9日

Red Hatは5月2日から3日間、米マサチューセッツ州ボストンで年次イベント「Red Hat Summit 2017」を開催。1日目の基調講演ではRed HatとAWSの提携拡大が発表されました。

fig

この一環として、Red Hatが展開しているコンテナプラットフォームであるOpenShiftの管理コンソールから、まるでOpenShiftのネイティブサービスのようにAWSのAmazon RDSやAmazon Redshift、Amazon Elastic Load Balancingなどのさまざまなサービスをプロビジョニングし、利用できるようになります。

これにより、OpenShiftのコンテナプラットフォームを活用して迅速なアプリケーション開発を実現しつつ、バックエンドデータベースやロードバランサーなどでAWSのマネージドサービスを利用すること可能になり、データベースの運用管理などに手間を掛けることなく、アプリケーションの開発に集中できるハイブリッドクラウド環境が実現することになります。

下記は基調講演で行われたデモから。

OpenShiftの管理画面では、さまざまなサービスの一覧からAWSのサービスも選択できるようになっています。

fig

サービスを選択し、プランやコンフィグレーションを決定するとプロビジョニングが行われ、OpenShift上のアプリケーションから利用可能になります。

fig

OpenShiftは、Red Hat Enterprise LinuxやKubernetesなどから構成されるRed Hatのコンテナプラットフォームです。

ソフトウェアとしてオンプレミスのサーバ群にインストールしたり、AWSなどのパブリッククラウドにインストールすることが可能な「Red Hat OpenShift Container Platform」や、Red Hatがクラウドサービスとして提供する「Red Hat OpenShift Online」などがあります。

Red Hat Summit 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ AWS / クラウド / OpenShift / Red Hat



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本