仮想化ハイパーバイザ「Xen 4.7」リリース。再起動なしでパッチを当てられるライブパッチング導入

2016年7月6日

Xen Projectは6月23日付けで仮想化ハイパーバイザの「Xen Project Hypervisor 4.7」の正式版リリースを発表しました

fig

もっとも注目すべき新機能は、再起動せずにセキュリティパッチなどを適用できるライブパッチングを実現したことです。

ライブパッチングは次の3つの要素で構成されています。

Xen 4.7ではセキュリティパッチの90%程度はライブパッチ可能になるだろうと、次のように説明しています。

Xen Project 4.7 implements version 1 of the Xen Project’s Live Patching specification, which is designed to encode the vast majority of security patches (approximately 90%) as Live Patching payloads.

Xen Project 4.7ではライブパッチング仕様のバージョン1を実装した。これはセキュリティパッチの大部分(90%程度)をライブパッチングペイロードとしてエンコードできるように設計された。

また車載機器やIoTなどの用途でより高いセキュリティを実現する目的で、コンパイル時にXen Hypervisorのコア機能を削除し、より軽量で攻撃余地を減らしたバイナリを作成する機能も追加。

そのほか、PVゲスト(準仮想化ゲスト)における512GBメモリの制限を撤廃し、テラバイト級のPVドメインの作成が可能になったため、より幅広いワークロードへの対応が可能になるなど多くの新機能が含まれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : 仮想化



≫次の記事
マイクロソフト、画面共有できるビデオ会議「Skype Meetings」を無料で提供開始
≪前の記事
[速報]オラクルと富士通がクラウドで戦略的提携。富士通が国内データセンターからOracle Database Cloud Serviceを提供

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig