NetflixのChaos Monkeyがバージョンアップ。マルチクラウドに対応し、AWS、Google CloudのインスタンスやDockerコンテナが落とせるように

2016年10月24日

わざと稼働中のサーバを落とすことで、システムの耐障害性を日常的に検証し続けるためのツール「Chaos Monkey」がバージョンアップして「Chaos Monkey 2.0」になったと、開発元のNetflixによってがブログ「Netflix Chaos Monkey Upgraded」で報告しています。

The Netflix Tech Blog: Netflix Chaos Monkey Upgraded

Chaos Monkey 2.0では、同社がオープンソースで公開している継続的デリバリのためのツール、「Spinnaker」と連係できるようになりました。

連係によってChaos MonkeyはSpinnakerからシステムのデプロイ状況を把握できるようになり、そのデプロイ状況に基づいてSpinnaker経由でインスタンスを落とすようになります。

SpinnakerはAmazonクラウド、Google Cloud、そしてDokcerオーケストレーションツールのKubernetesに対応しているため、Chaos MonkeyもAmazonクラウドやGoogle Cloudのインスタンス、Kubernetes上のコンテナを落とすことができるようになっています。

またChaos Moekyの操作もSpinnaker経由で行えるようになったため、以下のように分かりやすいユーザーインターフェイスで設定できるようになっています。

fig

またChaos Monkey 2.0では外部のトラッキングサービスとの連携も可能になったため、Chaos Monkeyがインタンスを落とす状況について正確にトラックできるようにもなりました。下記のグラフはNetflix社内で使われているイベントトラッキングシステムのChronosと、テレメトリプラットフォームのAtlasによるレポート画面です。

fig

これまでのバージョンのChaos Monkeyは、インスタンスを落とすだけでなくCPUの負荷を高めたり、ストレージをオフラインにするなどの障害状況も引き起こすことができましたが、Chaos Monkey 2.0ではインスタンスを落とすだけになっています。そのため、インスタンスを落とす以外の障害状況を利用したい場合はバージョンアップしないようにと注意喚起されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Amazon , IaaS , クラウド



≫次の記事
伊藤直也氏が語る、サーバーレスアーキテクチャの性質を解剖する(前編)。QCon Tokyo 2016
≪前の記事
モバイルアプリのテスト自動化ツール「Appium」、開発元のSauce Labsが著作権をJS Foundationへ譲渡

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus