マイクロソフト、Linux版SQL Serverのデモを早くも披露

2016年3月11日

米マイクロソフトは、年内にリリース予定のSQL Server 2016のローンチイベント「Data Driven」をニューヨークで開催。数日前に発表したばかりのLinux版SQL Serverをさっそくデモで披露しました。

イベントでは、SQL Server 2016の新機能のいくつかがデモンストレーションで紹介されました。その中で、T-SQLとR言語が混在して記述できるという機能がデモが紹介されます。

以下の画面の青いキーワードがSQL、赤いキーワードがR言語。

fig

デモを行ったのはデータベースシステムグループ ゼネラルマネージャShawn Bice氏。最後にもう1つだけ見せたいものがあると(写真左はマイクロソフト コーポレートバイスプレジデント Joseph Sirosh氏)。

fig

デモを行っていたSQL Serverは、実はUbuntu Linuxで動いていたLinux版SQL Serverのプレビュー版だったことを披露しました。

fig

客席から拍手。Shawn氏は、プライベートプレビューに申し込むとDockerイメージですぐに使えるLinux版SQL Serverがあるので、ぜひ試して欲しいと客席に呼びかけました。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ RDB / NoSQL / ミドルウェア
タグ  Microsoft , SQL Server , リレーショナルデータベース


次の記事
Amazon Web Services、登場からちょうど10年。東京リージョン開設から5年

前の記事
[速報]マイクロソフト、Oracleからの移行ならばSQL Serverライセンスを無償提供すると発表

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig