統合開発環境Eclipseの最新版「Eclipse Neon」リリース。Node.js対応、PHP 7対応、Javaリファクタリング強化、Docker対応強化、Cloud Foundry対応など

2016年6月27日

Eclipse Foundationは、統合開発環境であるEclipseの最新版「Eclipse Neon」のリリースを発表しました

fig

Node.js、V8デバッガ対応。タスクランナーも呼び出し可能に

Eclipse Neonでは新しいJavaScriptパーサを搭載することでECMAScript 2015(ES6)に対応。エディタ部でJavaScript構文を認識し、適切な補完や警告をしてくれます。Node.jsのランタイムとV8デバッガに対応。Node.jsのアプリケーションに対してブレークポイントやステップ実行、変数の値を参照するといったことが可能です。

fig

JSONエディタを搭載することでJSONの編集も容易にしています。また、タスクランナーのGruntとGulpもEclipseから呼び出せるようになりました。

最新のPHP 7に対応

PHPの最新版となるPHP 7にも対応しました。

fig

Javaのリファクタリング強化など

JaJava Development Toolsにも多くの改良が行われましたが、その1つがリファクタリング機能の強化です。

例えば変数名を変えようとすると、変数名を選択してリファクタリング機能を起動。変更する候補を入力して「Preview」機能をクリックすると、自動的にコード内の変数名がすべて書き換わった状態をプレビューで見ることができます。

fig

また、現在開発が進んでいるJava 9に対しては、マーケットプレイスでEclipse NeonをJava 9に対応するプラグインがベータ版として公開されています。

fig

Dokcer対応の強化、Cloud Foundry対応など

1年前のEclipse MarsでDockerイメージのビルドや管理、実行などをサポートしたEclipseは、今回のEclipse NeonでさらにDocker対応を強化。Docker fileエディタを搭載、ターミナルビューからはシェルコマンドが実行可能になっています。

またオープンソースのPaaS基盤ソフトウェアCloud Foundryにも対応。Eclipse NeonにはEclipse Tools for Cloud Foundryを搭載し、EclipseからCloud Foundryに対してアプリケーションのテストやデプロイを実行可能で、デプロイ後のアプリケーションのスケーリングの制御も可能になっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Eclipse , 開発ツール



≫次の記事
サーバレスアーキテクチャの「AWS Lambda」、米国東リージョンの一部のユーザーで障害。約3時間エラーや遅延など
≪前の記事
クラウドごとに異なるAPIの違いを吸収するライブラリ「Apache Libcloud」、正式版がオープンソースで公開

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus