VMware vCloud Airの技術を用いた災害復旧サービスを「ニフティクラウド」が提供

2015年4月3日

ニフティは同社が提供するクラウドサービス「ニフティクラウド」で、ディザスタリカバリに特化したクラウドサービス「ニフティクラウド DRサービス with VMware vCloud Air Technology」(以下ニフティクラウドDRサービス)を5月中旬から提供すると発表しました

ニフティクラウドDRサービスは、オンプレミスで稼働しているVMware vSphere上の仮想マシンをニフティクラウドに定期的にレプリケーションし、万が一障害が発生した場合でも直前まで稼働していた仮想マシンのイメージをクラウドに保存できるというもの。レプリケーションの間隔は15分から24時間で設定できます。

VMware vSphere で仮想化されている環境であれば、数クリックで簡単に設定できるのがニフティクラウドDRサービスの特長です。

fig

オンプレミス側が障害や災害から復旧した後に、クラウドからイメージを戻す(フェイルバック)することで、すぐにシステムを再稼働できるようになります。

この機能は、VMwareが提供するクラウド「vCloud Air」で提供しているディザスタリカバリサービスと同じもの。ニフティクラウドはVMwareの技術をクラウド基盤に用いていることが知られています。ただし、ニフティクラウドはvCloud Airよりも以前から存在しています。内部的にはおそらくvCloud Airとはアーキテクチャが異なっているため、正式なサービス名称としてvCloud Airのテクノロジーによるサービス「ニフティクラウド DRサービス with VMware vCloud Air Technology」、という少し複雑なものになったのだと考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IaaS , Nifty



≫次の記事
マイクロソフト、「IE Diagnostics Adapter」リリース。ChromeのリモートデバッグがInternet Explorerでも可能に
≪前の記事
インメモリDBのRedis 3.0安定版がリリース。Redisクラスタを構成可能に

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig