[速報]「Open Container Project」発足。Docker、CoreOS、マイクロソフト、Amazon、Googleらが合流し、コンテナは統一仕様へ

2015年6月23日

6月22日(日本時間23日早朝)に開催した「DockerCon 2015」の基調講演において、コンテナ標準化団体「Open Container Project」の発足が発表されました。

コンテナの標準仕様「Open Container Format」発表

Docker創業者兼CTOのSolomon Hykes氏。

Dockerの本当の価値はテクノロジーではない。

fig

何も変更することなくどこでも同じアプリケーションが実行でき、そうしたものが自動化できる、ということが重要だ。Dockerはそのデファクトスタンダードになった。

私たちにはこれを適切な標準にする義務がある。そこで、「Open Container Format」を発表する。

fig

Open Container Formatは、ユニバーサルなOSコンテナの中間フォーマットだ。

どこでも実行できるOSコンテナを実現するための低レベルの仕様である。runCだけでなく、多くのツールがこれを実装することがゴールだ。

標準化団体「Open Container Project」発足

そして、このスタンダードには独立したガバナンスが必要であり、Dockerがコントロールしてはだめだ。そこで「Open Container Project」を発表する。

fig

標準化を進めるためには、ラフコンセンサスで動くコードが大事だ。DockerはOpen Container Projectに「Open Container Format」と「runC」を提供する。

fig

runCはOpen Container Formatのリファレンス実装となる。

DockerとCoreOSらが協業、コンテナは統一仕様へ

Open Container Projectの主な発足メンバーは、CoreOS、Docker、Amazon Web Services、Google、Microsoft、Red Hat、VMwareなど。

fig

そしてOpen Container ProjectはAppc(App Container)メンテナを発足メンバーとして歓迎する(注:App Containerとは、CoreOSがDockerとは別に標準化を進めていたコンテナ仕様)。

fig

特に、この大きな合意に貢献し、オープンマインドで業界の統一と正しい道筋を示してくれたCoreOSのAlex Polvi氏(CoreOS共同創設者)に感謝したい。

fig

最前列で立ち上がったPolvi氏と舞台上ののSolomon Hykes氏が握手。

我々はオープンスタンダードを推進し、より組み立て可能なものにし、プログラマのツールを再発明していく。

fig

CoreOS共同創設者Alex Polvi氏のツイート。Docker CEOのBen Golub氏とのツーショット。

DockerCon 2015

関連リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Docker , クラウド , コンテナ



≫次の記事
Red Hatがエンタープライズ向けアプリケーションの開発者支援プログラム「Red Hat Developers」を開始
≪前の記事
[速報]Dockerが新コンテナランタイム「runC」を発表、LinuxとWindowsをネイティブサポート。ライブマイグレーションも可能に

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus