Red Hatがエンタープライズ向けアプリケーションの開発者支援プログラム「Red Hat Developers」を開始

2015年6月24日

米Red Hatは開発者支援プログラム「Red Hat Developers」の開始を発表し、専用のWebサイトを公開しました。

fig

このプログラムはエンタープライズ向けの開発者にフォーカスしており、無料で登録できます。登録することで同社製品やOpenShiftを含むサービスなどを利用するときに必要となるログインなどが簡素化されることを目的の1つにしていると説明されています。

Red Hatは今後12カ月でさらにデベロッパー向けの支援プログラムを充実させる計画で、これは最初の一歩だとのことです。

同社は明日、PaaS型クラウド基盤ソフトウェアのOpenShift V3をリリース予定で、特にPaaSではデベロッパーのエコシステムの充実が非常に重要です。今回の支援プログラムがこのタイミングで発表されたのは、そうした同社のクラウド戦略が背景にあるのではないかと考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ プログラミング言語 / OpenShift / Red Hat



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本