GitHub、GitHubと連係するツール群のカタログサイト「Integrations Directory」公開

2015年10月2日

GitHubは10月1日(日本時間10月2日早朝)、サンフランシスコで同社初の大型プライベートイベント「GitHub Universe」を開催しています。

その基調講演で、同社CEO Chris Wanstrath氏は新サービス「Integrations Directory」を発表しました。

fig

Integration Directoryは、GitHubアカウントで連係できるツール群をカタログ化したもの。GitHubには、テキストエディタやコラボレーションツール、プロジェクト管理ツール、ビルド自動化ツールなどさまざまな連携ツールがあります。

それをカタログ化してWebサイトからすぐ利用可能にすることで、ユーザーへの利便性とともにGitHubのエコシステムを活性化させるという両面での効果があると言えるでしょう。

GitHub Universe 2015

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 開発ツール / 言語 / プログラミング
タグ  GitHub , 開発ツール


次の記事
W3C提供のオンラインHTML5学習コース、edXでスタート。HTML5の基本とHTML5アプリ開発の2コース

前の記事
GitHub、Gitで画像や動画など大容量ファイルを扱える「Git LFS」(Git Large File Storage)正式リリース


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig