W3C提供のオンラインHTML5学習コース、edXでスタート。HTML5の基本とHTML5アプリ開発の2コース

2015年10月5日

W3CはedXで展開しているオープンなオンライン学習プログラムで、新しいオンラインコースを2つスタートすることを発表しました

HTML5 Part 1: HTML5 Coding Essentials and Best Practices | edX

1つ目は「HTML5 Part 1: HTML5 Coding Essentials and Best Practices

このコースではHTML5およびWebテクノロジーのコアについて学習します。

HTML5のタグ、マイクロデータの使い方、VideタグとAudioタグの利用、簡単なWebグラフィックやアニメーションの描画、最新のHTMLフォームについて、Webアクセシビリティの重要性について、WebストレージやジオロケーションのAPI、などについて学び、実際にこれらの知識を元にコーディングを行う複数のサンプルを試す予定です。

HTML5 Part 2: Advanced Techniques for Designing HTML5 Apps | edX

2つ目は「HTML5 Part 2: Advanced Techniques for Designing HTML5 Apps

このコースはパート1の続きとして、HTML5によるコンテンツやアプリケーションの開発について学びます。

TrackとWebAudio APIについて、HTML5のゲーム開発テクニック、Web ComponentsとService Worker API、IndexedDBによるデータの保存、ファイルアップロードとダウンロード、ドラッグ&ドロップのテクニックなどについても学ぶ予定です。

いずれのオンラインコースも無料で利用できますが、プログラムの内容はすべて英語で行われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ HTML/CSS / Web技術 / W3C



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本