AmazonクラウドとAzure、相次いでHaswell-EPベースの大規模インスタンスを提供へ

2015年1月13日

マイクロソフトとAmazonクラウドは相次いで、Xeon E5 v3プロセッサ(コード名Haswell-EP)を30コア以上割り当て可能な大規模インスタンスの提供を開始しました。

Haswell-EPはインテルが昨年秋に発表したサーバ/ワークステーション向けの最新プロセッサ。1CPUあたりのコア数は最大18となりメモリ容量も1.5TBと拡大、仮想環境での性能も大幅に向上させています。

マイクロソフト、AzureでGファミリーを提供開始

マイクロソフトは8日、Microsoft AzureでHaswell-EPを基盤とした最大32コア、448GBメモリ、6.5TB SSDストレージの仮想マシン「Gファミリー」の提供を開始しました

fig

これまでのAzureのインスタンスと同様に、仮想マシンのコアには基盤となるプロセッサの物理コアがそのまま割り当てられと説明されているため、Gファミリーでは仮想マシンのコア数はそのままHaswell-EPの物理コア数となります。

GファミリーはG1からG5までのラインナップ。米国西リージョンから提供を開始し、順次ほかのリージョンでも提供されていく予定。

fig

Amazonクラウド、C4インスタンスを提供開始

マイクロソフトを追うように、12日にはAmazonクラウドがC4インスタンスの提供開始を発表しました

C4インスタンスもHaswell-EPを基盤としていますが、インテルとAmazon.comの戦略的提携を背景に、Amazonクラウド専用に開発されたプロセッサが使われていると昨年開催された「re:Invent 2014」イベントで明らかにされています

fig

C4インスタンスは最大36仮想CPU、60GBメモリ。またSR-IOVによるI/O性能を向上させた拡張ネットワーキングを採用することでネットワーク性能も向上。標準でEBSに最適化することでストレージ性能も向上させるなど、プロセッサとメモリだけでなくインスタンス全体の性能向上をはかっているのが特長です。

C4インスタンスはlargeから8xlargeまでの5種類。

fig

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Amazon , IaaS , Windows Azure , クラウド



≫次の記事
建設中のAmazonデータセンターで火災発生、米バージニア州にて。けが人などはなし
≪前の記事
今年と来年、デスクトップPCとノートPCの出荷は減少するも、ウルトラモバイルノートPCは増加。タブレットは漸増。ガートナー2015年の予想

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus