SAPとIBMがクラウドで協業を発表。IBMがSAP HANA Eenterprise CloudをSoftLayerで提供

2014年10月15日

欧SAPと米IBMはクラウドに関して協業し、SAPが提供するSAP HANA Enterprise CloudをIBMのクラウドで提供すると発表しました

IBM News room - 2014-10-14 IBM and SAP Partner to Accelerate Enterprise Cloud Adoption - United States

SAPはこれまで基幹業務を支えるERPのためのクラウドサービスとして同社のデータセンターで「SAP HANA Enterprise Cloud」を提供。日本にも今年の4月に東京と大阪のデータセンターを開設するなど、積極的な展開をしてきました。

今回の協業では、SAPがビジネスクリティカル・アプリケーションのクラウド・インフラストラクチャー・サービスの戦略的重要プロバイダーとしてIBMを選出。今後、SAP HANA Enterprise CloudがIBMのクラウドから利用できるようになり、IBMはこれにマネージドサービスや他のクラウドサービスなどを組み合わせた提供が可能になります。

SAPとIBM、技術的な共通点と補完するクラウド戦略

SAPがSAP HANA Enterprise Cloudのために構築した自社クラウドでは、セキュリティとパフォーマンスを最大化するために、専用のネットワークとベアメタルサーバ群を顧客ごとに提供することが大きな特長の1つです。IBMのSoftLayerも顧客ごとのベアメタルサーバとネットワークは特長の1つとなっており、このデータセンターにおける技術的な特長の共通点が協業の背景にあるでしょう。

またIBMはSoftLayerのデータセンターをグローバルに拡大するため、1200億円の投資を行うと今年の1月に発表しています。基幹業務のクラウド化を検討する企業にとって、データセンターが自国内にあるかどうかはセンシティブな問題で、SAPがその要望に応えて自社でデータセンターをグローバル展開するよりも、IBMと組むことで速いスピードでユーザーのニーズに対応することが可能になります。より早くERPのクラウド化を促進できるでしょう。

一方のIBMにとっても、SoftLayerをエンタープライズ向けに差別化しアピールできるサービスとしてSAP HANA Enterprise Cloudはうってつけのもの。この協業は、先行するクラウドベンダ-を追いかける両社にとって、お互いの戦略をうまく補完できるものになりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  ERP , IBM , SAP


次の記事
OfficeとSalesforceの統合を発表したマイクロソフトとセールスフォース・ドットコム。その計画内容は?

前の記事
[速報]モバイル対応のデータ分析とビジュアルツール「WAVE」をセールスフォース・ドットコムが発表。Dreamforce '14


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig