クラウドデータ連携の最適なあり方とは? アプレッソ小野社長、サーバーワークス大石社長、テラスカイ佐藤社長が議論するクラウド活用の現在と未来 [PR]

2014年10月9日

これからクラウドを活用しようとする企業にとって、現在のオンプレミスとクラウドのシステム連携は欠かせない仕組みです。さらにクラウドの活用が進めば、複数のクラウドの使い分けへと広がっていく可能性もあります。

そうした中で、クラウドに対応したシステム連携やデータ転送のツールはどうあるべきなのか。この分野で多くの実績を持つアプレッソ、サーバーワークス、テラスカイの3社の社長が、セミナー「手作りはナンセンス!企業におけるクラウドデータ連携のベストメソッド」を開催、パネルディスカッションを行いました。モデレータはPublickeyの新野です。

fig 株式会社アプレッソ 代表取締役社長 小野和俊氏、株式会社サーバーワークス 代表取締役社長 大石良氏、株式会社テラスカイ 代表取締役社長 佐藤秀哉氏

クラウド活用におけるデータ転送ツールのあり方とは

新野 今日は3つアジェンダを用意しています。1つ目はクラウドとの連携で不可欠なデータ転送の重要性と、そのために転送ツールとはどういうものなのか。

 2つ目は、クラウド対応のシステムのデザインとはどういうものなのか。そして、3つ目のアジェンダは、クラウドと共に今後注目されているIoT(Internet of Things)などの技術がクラウドとどうつながっていくのか、といったことをみなさまと議論していこうと思います。

新野 1つ目のアジェンダは、まずアプレッソの小野さんに伺います。クラウドとの連携を行うのに不可欠なデータ転送ツールには、どういったものが求められているのでしょうか。

データ連携ソフト(EAI) DataSpider Servista - アプレッソ

小野 これはアプレッソの戦略にも関係するのですが、たとえばセールスフォースでこういうAPIがあるから全部呼べるようにしましょうとか、クラウドのAPIみたいなものを網羅していくと確かになんでもできるけれども、どう使ったらいいのか分からないものになっちゃうんですね。

 ですのでクラウド対応のユースケースを考慮して、機能がちゃんと揃って、一方でまず使わないAPIは機能には出てこない、といった作りにしないとと思っています。

 それもAPIをそのまま呼ぶのではなく、ユースケースに合わせて2つセットにして特定の順番で呼び出すとか、定期メンテナンスを考慮してAPIを呼ぶ前の処理を作っておくとか、そういうクラウドインテグレーションのためのノウハウが一杯あるんですね。しかもクラウドごとに違う。

 なので、弊社の「DataSpider」のセールスフォース用のアダプタは、たくさん実績を持つテラスカイさんが作ってますし、AWS(Amazon Web Services)はサーバーワークスさんと一緒に開発してます。それぞれのクラウドでいちばん強いベンダーさんにアダプタを作ってもらうことで、クラウドのインテグレーションのノウハウが凝縮されたようなものになっています。

新野 それぞれのクラウドに最適化した転送ツールになっていると。テラスカイの佐藤さんにもお伺いしますが、すでにオンプレミス用にもデータ転送ツールがありますよね。そうした既存のツールとクラウド用の転送ツールというのはどこが違うのでしょうか?

SkyOnDemand | データ連携基盤 | 株式会社テラスカイ

佐藤 運用を考慮するとだいぶ違う面がでてきます。

 私どもはパッケージソフトウェアも販売していますが、SaaS型のデータ連携サービスとして「SkyOnDemand」も提供しています。サービスではお客様はサーバを買わなくていいですしインストールもいりません。先ほど小野さんが、クラウドの転送ツールにはクラウドのノウハウが凝縮されているとおっしゃっていましたが、その通りだと思います。

 例えばセールスフォースへの接続はインターネット経由ですから、回線の事情でセッションが切れる、なんてことも当然あるわけです。そのときに返ってくるメッセージを解析して、こういうメッセージの時はリトライが必要だ、あるいは誰かの判断が必要なのでいったん切断した方がいいなど、滅多に起きないようなことにも対応したノウハウも含んだアダプタになっています。

新野 従来のデータ転送ツールは、いわゆるデータセンター内の安定したネットワーク環境を想定しているので、クラウド対応ではそこが異なる、ということですか?

佐藤 そうです。ですからクラウドの運用を考慮しているような作りになっているのかどうかというのが、今私たちが作っているものと既存の転送ツールとの違いなんじゃないかと。

VPCスターターパック - AWS関連サービス | 株式会社サーバーワークス - AWS導入・構築・運用・代行サービス

大石 AWSを利用する場合ですと、例えばオンプレミスにあるファイルサーバの数テラのファイルをAWSに転送するとか、そういう話があるわけです。ですので、クラウドへの移行や連携でデータ転送がネックになることは確かによくあることなんです。

 例えば、私たちが提供している「VPCスターターパック」だとBフレッツでクラウドとつなごうとしているので、低コストな一方で帯域がそれほど大きくありません。

 しかしここ半年前から、お客様がAWSまで専用線を引くケースが激増しているんですね。つまりクラウドを活用しようとするとネットワーク、コネクティビティが大事になってくるということをお客様も理解されるようになってきて、最初からそのために専用線を用意してコネクティビティの問題を回避されているケースが増えている、ということを実感しています。

クラウドは使い分けになっていくだろう

新野 クラウド活用ではデータ転送や連携が重要だけれども、ボトルネックにもなりやすいという指摘がありました。小野さんは、お客様のクラウド以降でいちばんデータ転送がネックになっていたユースケースとして何か例がありますか?

fig

小野 オンプレミスでLANを前提としたシステム設計と、オンプレミスとクラウドで連携するシステムでは、ネットワークの帯域が違うのでシステムの設計も当然変わってくるんです。データ転送のところのソフトウェア的な工夫とかそういうのも含めて、クラウド時代のデザインみたいなものってアーキテクチャレベルで必要になってきます、というのは確かに関係者などと話していてよく出てくるポイントです。

 データ転送速度だけでなく、クラウドでは当然インバウンドとアウトバウンドのデータ転送の課金があるので、データベースから情報を引っ張ってきて他のシステムから持ってきたデータと付きあわせる処理などでは、あらかじめオンプレミスでデータを抽出して最小限のものだけをクラウドに持っていくとか、そういう処理を考えなくてはいけないですね。

佐藤 結局、適材適所。セールスフォースやAWS、オンプレミスなど、それぞれ得意なところを任せて、それなりにデザインをしながらシステムを設計していきます。

 すると当然そのクラウド間にデータ転送のパスも発生するんですね。よってデータ転送のニーズというのは、それぞれのクラウドが機能強化をするほど分業化していくような気がするんです。その間をどうやってシームレスにつなげていくデータ転送も増えていくと思います。

新野 佐藤さんの発言で、やっぱりクラウドは使い分けになっていく点は興味深いですね。

佐藤 クラウドに限らないと思うんですけど、例えばどこか1社がすべての競合に勝って生き残って世界制覇する、というのは今後もあり得ないと思うんです。よって、この部分はAWS、この部分はセールスフォースで、別のところはマイクロソフトで、というのが必ず残ると思うんですね。そしてそうなるほど、データのハブとなるデータ連携のサービスというのが必要になってくると。

クラウドに適したシステムデザインとは

新野 クラウドに対応したシステムデザインという話題に行きたいと思います。クラウドとオンプレミスを連携するとき、あるいは複数のクラウドを活用するときに、それに適したデザインというのは当然求められるのだと思います。それは具体的にどういうものなんでしょうか?

fig

佐藤 例えばセールスフォースでは、データベースのパフォーマンスチューニングというのをしなくてよいんですね。しなくてよいということは、逆に言うとできないんです。だからこの処理を夜中バッチで時間までに終わらせたいのでシステム資源を大量に割り振る、といったことはできません。

一方でそういうことはAWSは得意ですから、その処理はAWSにデータを渡して結果を返すようにする、そうしたデザインが必要で、そうなるとクラウド間のデータ連携ツールも大事になってきます。

新野 なるほど。例えば専用線のような高速な回線でクラウドをつなげてしまえば、オンプレミスのものをそのまま使ってもいいように思うのですが、それでもクラウド用のアーキテクチャというのはあるのでしょうか。

大石 これは非常に難しい質問ですが、それでもAWSのアーキテクチャはオンプレミスとはちょっと違うところがあるんですね。

 顕著な例で言うとロードバランサーがあるのですが、実はAWSのロードバランサーはIPアドレスを大量に消費するような動きをします。そのときのネットワーク設計は、ある程度その動きを理解して設計しなければならないとか。

 それからAWSのようなクラウドではサーバをすぐ捨てられる、といった感覚がデザインにも必要になってきます。例えばオンプレミスで可用性を高めるためにクラスタを組んでいるシステムがあると、そのままAWSへ持って行きたいとお客様は思われるわけです。

 ところがAWSではサーバとストレージは分離されるんです。ですからサーバが壊れたらストレージを切り離して、サーバのコピーを別のインスタンスで立ち上げて元のストレージにつなぎ替えればいいんです。そうすればデータがちゃんと残っています。オンプレミスではサーバが壊れたらストレージをつなぎ直すなんてことはすぐにはできなかったじゃないですか。

 そうすると高可用性の構成は変えていこうとか、そういったAWSならではの運用をデザインに反映させていくというのがありますね。

業務を変えなければクラウドに移行するメリットは低い

新野 テラスカイの佐藤さん。お客様はクラウドへ移行することで、コストが削減できるのではないかとか、業務が早く回せるようになるのではないか、といった期待をすると思うのですが、クラウドの上でどういうデザインをすれば、そうしたお客様の期待に応えられるのでしょうか。

佐藤 あんまり業務を変えないんだとすると、クラウドへ持って行く必要はあまりないんですね。そうじゃなくて、こういう課題があってそこを変えていきたいとか、こういう新しい業務の流れにしたいとか、そういう要望に対して優先順位を付けてクラウド化していくことですかね。

 私どもにコンサルをご依頼いただくお客様というのは、まだまだそんなに大手のお客様ではなかったりするんですね。もしくは大手の子会社だったり部門だったり。

 そうすると、あるお客様のコンサルの事例ですけれど、これから売り上げを3年で100倍にすると。そのときに、どうやったら耐えれるシステムができるのか、みたいな。そんなお題が飛んでくるんですよ。その客様は実際にその勢いで成長されているので、ハードなんか買っていられないですよね。そういう会社さんもあります。

新野 そういうシナリオだとまさにクラウドがジャストフィットするような気がしますね。

fig

大石 オンプレミスのシステムですと、ハードウェアを購入するので後戻りできないんですね。事前にキャパシティの計画を立てて、それに見合う性能のハードウェアを購入しなければなりませんから。

ところがクラウドでは、色んなインフラを使ったり捨てたりということがすごくダイナミックにできます。そうすると、システムの最適な解を見つけるやり方が、事前の計画ではなく、もっとアジリティを高めて試行錯誤の運用の中で見つけようという風に変わってくるんですね。

 クラウドってそういう文化を手に入れられる可能性のあるものですよという話をお客様にするんです。ただ単にインフラをクラウドにする、ではなくて、企業としてアジリティの高い文化を一緒に作っていきましょうという形でコンサルテーションであるとか、導入の支援に入るケースが多いですね。

IoTで技術やビジネスはどう変わっていくのか

新野 最後にIoTやM2Mについて、みなさんに話を伺っていきたいと思います。

 これから多くの会社がIoTやM2Mなどによる情報とクラウドを組み合わせてビジネスに活かしていくようになるだろう、と言われていますし、その芽が少しずつ見えてきているような気がします。そのとき、どんな技術が求められたり、それによってどんなビジネスが考えられるのでしょうか、最後に夢のあるお話を皆さんそれぞれのお立場からして頂けると嬉しいなと思うんですけど。

小野 われわれとしてはもちろん今後、IoTに対応したアダプタといったものの開発は進めていくのですが、実はいまある製品やサービスで、使えるものもかなり多くあります。例えばセンサーなどから大量に送られてくるデータをそのまま分析ツールに直接渡すことはあまりありません。まずは大量データの受け口みたいなものがだいたい設計の中に入っています。例えばAWSのKinesisのみたいなものです。

 そこから分析ツールにつなぐ技術はすでにあるか、あるいはなくても比較的容易に作れます。私たちの製品も現在の案件で十分に使えますし、これからもどんどん対応を増やしていきます。

新野 現時点ですでにIoTはかなりリアリティがあると。大石さんはいかがですか。

大石 IoTやM2Mという言葉には、どうしてもセンサーみたいなデバイスを活用するイメージがあると思うんですけども、私は情報のリアルタイム性を高めるという文脈で見ています。

 例えば最近IoTの面白い例だと思ったのが、東急ハンズさんがPOSレジをWebブラウザのChromeベースにする、というチャレンジですね。

 今までのPOSレジって、データが一時的にローカルに保存されていて、それをバッチで本部に送って集計する、ということをやっていたわけです。ところがWebブラウザのChromeならリアルタイムにデータセンターのデータベースに全部保存されていく。

 昔はサーバの資源だったりネットワーク回線だったり、色んなところにボトルネックがあって、データをリアルタイムにデータセンターに飛ばすなんてできなかったんですね。そこで夜まとめてバッチで送る、といったアーキテクチャになっていた。

 でも今はインターネットにしてもクラウドにしても制約がどんどんなくなって、どんどんリアルタイム性が高まっていって、データがダイレクトにクラウドのデータセンターに集められる。すると実は夜間のバッチ処理とか要らないし、そのためのデータ転送も要らないわけですね。そういう世界が本当に実現できるんじゃないかなという風に見ています。

 自分達のやっている日々の業務とかが全部リアルタイム化していくと、実はビジネスが変わったりとかすごく良くなったりとかするんじゃないかと期待もしていますね。

新野 ありがとうございます。

佐藤 私どもは実際にIoT、M2Mの実装もやっています。例えばある機械メーカさんの製造マシン。お客様の工場に入っているんですけども、その製造マシンの状況をモニタするんですが、そのときに私たちが直面したのはある機械のインターフェイスがRS232Cしかないという。それをクラウドにつなげるんです。つまり私が社会人になった頃に勉強したようなテクノロジーをもう一回勉強するような世界になっているんですね。

 だからデバイス屋さんと、メーカーさんと、私達のようなSIerがコラボレーションしないとIoTってできないんですよ。異業種の会社さんと一緒にコラボレーションして、IoTの世界っていうのは広がっていくのかなという風に感じています。

新野 はい。そろそろ時間になりましたので、これでパネルディスカッションをお開きにさせていただこうと思います。皆さん、ありがとうございました。

(本記事は株式会社アプレッソ、株式会社サーバーワークス、株式会社テラスカイの提供によるタイアップ記事です)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : PR



≫次の記事
NoSQLのAmazon DynamoDBがJSONドキュメントに対応、25GB/月間2億リクエストまで無料枠も拡大
≪前の記事
Excel方眼紙をWebアプリ化する「Forguncy」(フォーガンシー)がついに発売。無料評価版も公開

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig