[速報]Internet Explorer 11でWebGLサポート、Visual Studio 2013では消費電力のプロファイリングも可能に。Build 2013(Day1)

2013年6月27日

マイクロソフトの開発者向けイベント、Build 2013がサンフランシスコで開幕しました。1日目の基調講演では、Windows 8.1に続いてVisual Studio 2013が紹介されました。

基調講演の模様を、Windows 8.1とInternet Explorer 11、Visual Studio 2013の紹介を中心にダイジェストで紹介しましょう。

(本記事は「[速報]Windows 8.1プレビュー版公開、デスクトップとモダンUIがよりシームレスに。Build 2013(Day1)」の続きです)

電力消費量のプロファイリング、非同期処理デバッガ

CVP, Windows Program Management Antoine Leblond氏。

fig

Windows 8.1ではさまざまなプログラミング言語、表示方式の選択肢と、5000以上のAPIを提供している。

Visual Studio 2013は、さまざまなデバイスやサービスをサポートしている。新機能のなかからお気に入りの機能をいくつか紹介しよう。

fig

これは電力消費量をプロファイリングした画面だ。実行されたアプリケーションの消費電力量がミリワット単位でグラフ表示される。しかもCPU、モニタといったパーツやデバイスごとの消費量も分かる。

fig

非同期プログラミングではデバッグがとても難しい。Visual Studio 2013では画面下にコールスタックが表示されてコンテキストを追いやすくなり、非同期処理がデバッグしやすくなる。

fig

Internet Explorer 11はWebGL、MPEG DASH対応

次はWebプラットフォームについて。Internet Explorer 11では、WebGLとMPEG DASHをサポートする。WebGLは3Dグラフィックをプラグインナシデ高速に表示し、MPEG DASHはストリーミングをネイティブにサポートする。

fig

ハードウェアアクセラレーションが効いているので、これらを4つ同時に表示させても極めてスムーズだ。さらにWeb Viewコントロールを利用してネイティブアプリケーションで使うこともできる。

fig

Build 2013

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Intenet Explorer , Microsoft , Visual Studio , Windows , 開発ツール



≫次の記事
企業内サーバのIPアドレスは全部そのままクラウドへ移行。SDN/OpenFlowを活用した新サービス、NTTコミュニケーションズが開始
≪前の記事
[速報]Windows 8.1プレビュー版公開、デスクトップとモダンUIがよりシームレスに。Build 2013(Day1)

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus