オープンソースソフトウェア一覧データベース、最新版をThe Linux Foundationが公開

2011年7月11日

Linuxの普及促進団体であるThe Linux Foudationは、主なオープンソースソフトウェアの一覧とその概要、実績などを検索できるデータベース「OSS Database」の最新版を公開しました。

fig

このデータベースは、同団体内のSI企業が中心となって構成するワークグループ「SI Forum」が毎年更新しているもの。おもに日本国内のエンドユーザやSI企業向けに、安心して活用できるオープンソースソフトウェアを選別する目安となることを目的としており、対象となるのは市場で利用されている約400種類のソフトウェアです。

どんなデータベースなのか?

オープンソースソフトウェアのどのような情報を参照できるのか、例をみてみましょう。一覧をみると、かなりの数のソフトウェアがカバーされていることが分かります。ここから、ファイル関連のオープンソースソフトウェアである「DRBD」をクリックしてみます。

fig

すると、そのソフトウェアに関する概要が表示されます。分散ストレージを実現できること、動作環境としてLinuxに対応していること、ライセンスはGPL v2であることなどが分かります。

fig

導入実績もあるようですので、クリックしてみましょう。するとIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が運営しているオープンソース情報データベース「OSS iPedia」の事例情報にジャンプします。

カシオ計算機株式会社が2007年に導入期間3カ月でシステム構築を行った例が表示されました。利用者数が10000人の規模であることも分かります。

fig

オープンソースソフトウェアはたくさん種類があって、どれがどんなソフトウェアで、実績はあるのかないのか、商用ソフトウェアなら提供ベンダに聞けばすぐ分かることでも、自分で調べなければなりません。そういうときに、このデータベースは役に立ってくれそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Linux , オープンソース



≫次の記事
2011年6月の人気記事トップ10!「JavaScriptと性能についての本当の話」「サーバは液体のよう流れる」「データベースのスケーラビリティ」
≪前の記事
社内ハッカソンをしよう

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus