MySQL互換クラウドRDBサービス「Xeround」が公開ベータへ

2011年1月20日

MySQL互換ながら独自のクラウド対応ストレージエンジンを搭載することで、スケーラブルなクラウド対応データベースサービスを実現する「Xeround」(ゼラウンドと発音するようです)が公開ベータを開始したことを明らかにしました

Xeround MySQL Cloud Database Now on Amazon EC2 in Europe | Xeround MySQL Cloud Database Blog

Xeroundはクラウド上のDatabase as a Service(DBaaS)として提供されるため、インストールやセットアップは基本的に不要。無料でベータ公開サービスを利用可能になっています。

MySQL互換のDatabase as a Service

XeroundはMySQLのストレージエンジンアーキテクチャの上に構築されており互換性があるため、すでにMySQLを利用しているアプリケーションに対してはコードの書き換えなしでそのままデーターベースをMySQLからXeroundへ置き換えられるとのこと。

Xeroundデータベースへの負荷が増大した場合には、負荷の種類に応じてアクセスノードやデータノードを追加していくことでスケーラブルなシステムを実現していると説明されています。

fig

MySQL互換のクラウドデータベースサービスといえばAmazon EC2のRDSがありますが、Xeroundはクラウド対応になっており、DBaaSとして利用者はメンテナンスが必要でない点が違うと、同社のブログにポストされたエントリ「How is Xeround MySQL Cloud Database Different from Amazon’s MySQL Offering?」でその違いが強調されていました。

XeroundもAmazon EC2上で稼働しているとのことで、利用者もAmazon EC2上でアプリケーションを実行させることで通信回線のレイテンシを心配する必要はなくなるでしょう。

Xeroundの詳細については、以前の記事「クラウド対応のスケーラブルなMySQLデータベース、米Xeroundが発表」でも解説しているので、ご参照ください。

今年はクラウド上のリレーショナルデータベースに注目

昨年末にはセールスフォース・ドットコムがDBaaSの「Database.com」を発表し、同様のDBaaSである「clearDB」もサービスを開始、そして今回のXeroundのベータ公開と、今年はさまざまなDBaaSの提供が行われます。

と同時に、クラウドのスケーラブルなデータベースといえばNoSQLが注目されていた状況から、クラウド対応のテクノロジーを備えて登場するリレーショナルデータベースに話題が戻ってくることになりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : MySQL , クラウド , リレーショナルデータベース



≫次の記事
Amazonクラウド、ついにJava対応PaaSの「Beanstalk」発表。Ruby on Rails対応も準備中
≪前の記事
「Google Appsに計画停止はない」 グーグル、SLAから計画停止を削除

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus