いますぐ使える無料のクラウドデータベース「ClearDB」

2010年12月15日

クラウド上にホスティングされ、バックアップもメンテナンスもしてくれるので運用の手間がかからないリレーショナルデータベース。そんなサービスを開始している提供しているのが「clearDB」です。

Welcome to ClearDB!

1つ前の記事では企業向けのマイクロブログ「Yammer」を紹介し、競合となりそうなセールスフォース・ドットコムのChatterも無料サービスを開始すると紹介しましたが、今回のClearDBも、セールスフォース・ドットコムが発表したばかりの「Database.com」と同様のサービスです。狙ったわけではないのですが……。

clearDBのWebサイトから、どのようなサービスなのかを紹介します。

クラウド上で100%ACID対応のリレーショナルデータベース

clearDBは100%ACIDに対応し、自動的にバックアップされたスケーラブルなデータベースだと説明されています。「What is ClearDB?」のページから主な特徴をあげてみます。

SQLが使えるのと同時に、SQLを知らない人にもREST/JSON形式のAPIを提供することで使いやすくしているという点も特徴のようですね。Google App EngineやForce.com、Amazon EC2上のアプリケーションなどから利用したり、モバイルデバイスから利用することもおすすめだとのこと。

100MB以内のデータベースなら無料

サービスはすでに開始されており、すぐにサインアップして使えます。

Service Plans」によると料金は、100MB以内のデータベースで、1カ月あたり4万回のAPIコールまでまでなら無料。1GB以内で100万回までのAPIコールが1カ月あたり10ドル。

最大のプランでは50GBのデータベース、9600万回のAPIコールが1カ月あたり90ドルで提供されています。

データベースの性能と可用性を高めつつ、きちんと運用しようとすると、初期のハードウェアコスト、運用コストともにそれなりの金額をかけなければなりません。それがこのようにクラウドで提供されるのは、利用者にとって非常にメリットのあること。

ちなみにセールスフォース・ドットコムが発表したDatabase.comもREST経由でアクセスするAPIが提供されています。

これまでリレーショナルデータベースにはSQLでアクセスするのが当然と考えられていました。しかしクラウド時代には、リレーショナルデータベースでさえリモートからRESTでアクセスする、ということが普通に行われるようになるのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : クラウド , リレーショナルデータベース



≫次の記事
Scoble氏がMozilla会長に聞くWebブラウザの将来像。「Mozillaはジョブズの囲い込みからWebを救ってくれますか?」
≪前の記事
企業向けマイクロブログ「Yammer」が日本語対応。無料で利用可能

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus