[速報]セールスフォース・ドットコムがChatterの新機能とHTML5によるタッチUI対応を発表。Dreamforce'11

2011年9月1日

セールスフォース・ドットコムは同社のイベント「Dreamforce'11」をサンフランシスコで開催しています。日本時間の今日未明に行われた初日の基調講演では企業がソーシャルメディアを使いこなす「ソーシャルエンタープライズ」がテーマ。同社の企業向けソーシャルツール「Chatter」の新機能などが発表されました。

初日の基調講演で発表されたChatterの新機能を中心に紹介しましょう。

どうしたら企業はソーシャル化できるだろうか?

セールスフォース・ドットコム 会長兼CEOマーク・ベニオフ氏。

われわれは生まれながらのクラウド企業から、ソーシャル企業へと生まれ変わる。

fig

利用人数でソーシャルネットワークが電子メールを上回った。そしてWebへアクセスするデバイスとして、スマートフォン、タブレットの利用がPC以上に急速に成長している。変化が起きているのだ。

fig

この変化はコンシューマだけでなくエンタープライズでも起きている。

しかしここには断絶がある。顧客はソーシャル化されているのに、企業はソーシャル化から取り残されているのだ。どうしたら企業はソーシャル化できるだろうか?

fig

3つのステップが考えられる。

ステップ1では、ソーシャルメディアをデータベースとして使う。FacebookやTwitterでの顧客のつぶやきを追跡し、顧客から多くを学ぶことができる。

ステップ2では、社員のコラボレーションにソーシャルメディアを使う。

ステップ3は今年始まった動きだが、ソーシャルネットワークに顧客や自社のプロダクトを入れていく。顧客とプロダクトのソーシャルネットワークを作っていく。

Chatterにインスタントメッセージや画面共有機能

Chatterの新機能、ソーシャルコンタクト機能では、Chatterから顧客がTwitter、Facebookなどで誰とつながっているか、何をつぶやいているかといったソーシャルプロファイルを見ることができる。顧客が何を好んでいるのか、といったことを知ることができる。

fig

Chatterは、FacebookやTwitterなどからインスパイアを得て開発した、企業向けのソーシャルツールだ。

Chatterはプロファイル、ステータスアップデート(タイムライン)、ファイル共有などのソーシャルメディア機能を備えている。ビデオを埋め込めるようにもなった。

これらに加え新機能「Chatter Now」では、誰がログインしているかというプレゼンスの機能、インスタントメッセージング機能を搭載。スクリーン共有もできる。

さらに、ChatterにサードパーティのアプリケーションをインテグレーションできるAPIを用意した。

fig

また、従業員のソーシャルネットワークのグループに顧客を参加させることもできる。これで顧客とも容易にコラボレーションできるようになる。

タッチUIにも自動的に対応

新しいデバイスへの変化は、ソフトウェアの変化を引き起こしている。HTML5がそれだ。次世代のデバイスと次世代のソフトウェアの組み合わせは、新しい時代のプラットフォームになる。

fig

「touch.salesforce.com」を発表する。Salesforce.comのすべてのアプリケーション、タブ、ページレイアウト、メニューバー、カスタムオブジェクトまで、どんなインターフェイスも自動的にタッチ対応になる。

fig

iPad、Androidタブレット、iPhone、Androidスマートフォンなど、どんなデバイスにも対応する。

fig

TwitterやFacebookのつぶやきにChatterで対応

さらに新機能「Chatter Service」を紹介する。これはカスタマサービスをさらに新しい段階へ進めるものだ。

顧客がTwitterやFacebookページのウォールに疑問を投稿する。カスタマサービスはどう対応すべきだろうか?

これらはすべてChatter Serviceの画面に統合されて表示され、カスタマサービスはここからナレッジベースのリンクとともにTwitterやFacebookなどへの返事をすることができる。

fig

これがあるべき姿だ。カスタマサービスが顧客のコミュニティに参加できるのだ。

基調講演ではこの後、Chatterを用いて顧客を巻き込んだソーシャルネットワークを構築したバーバリーやトヨタの事例が紹介されました。

Dreamforce'11 関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Salesforce.com , クラウド , ソーシャル



≫次の記事
セールスフォースのクラウドデータベース「Database.com」が正式サービス開始。無料で10万件まで利用可能、セキュリティポリシー対応機能も開発中。Dreamforce'11
≪前の記事
デルがパブリッククラウド参入を発表。アジア太平洋/日本地域は来年に

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus