[速報]ソーシャル、モバイル、オープンに対応するセールスフォース・ドットコムの「次世代アプリケーションプラットフォーム」。Dreamforce'11

2011年9月2日

セールスフォース・ドットコムのイベント「Dreamforce'11」。2日目の基調講演では、同社の新戦略であるソーシャルエンタープライズのプラットフォームにフォーカスしたものになりました。

社内で利用する業務アプリケーションのソーシャル化や、顧客との関係を形成するためのソーシャルアプリケーション、これら「エンタープライズソーシャル」な次世代アプリケーションの開発を実現するプラットフォームベンダとしてのセールスフォース・ドットコムを強く訴えています。

FacebookやiPadの強さはプラットフォームであるから

前回に引き続き、エネルギッシュかつ早口でまくしたてる会長兼CEO マーク・ベニオフ氏が登場。

fig

なぜネットでFacebookがこれほどの存在になっているのか。多くの開発者がFacebookの上でアプリケーションを開発するようになっており、これがFacebookの強さになっているからだ。Facebookはプラットフォームになっているのだ。

iPadなどのタブレットやスマートフォンがなぜ重要になってきたのか、これらのデバイスのためにアプリケーションが書かれ、プラットフォームとなっているからだ。

プラットフォームは新しい世代へシフトしているのだ。

fig

では、次世代のエンタープライズアプリケーションのプラットフォームはどうあるべきか? それはソーシャル、モバイル、リアルタイム、オープンなどに対応したものになる。それをセールスフォース・ドットコムは提供する。

fig

セールスフォース・ドットコムの提供するソーシャルエンタープライズのプラットフォームは3つ。force.com、database.com、Herokuだ。

fig

ソーシャルモデルを組み込んだ「Database.com」

ソーシャルエンタープライズアプリケーションのためには、データベースも生まれ変わらなければならない。

Database.comはソーシャルデータモデルが最初から組み込まれており、AndroidやiOSなどモバイルデバイス向けのツールキットも備え、RESTful APIやOAuthなどにも対応した、ソーシャル、モバイル、オープンな、ソーシャルエンタープライズアプリケーションのためのデータベースだ。

fig

Database.comは今日から正式版を公開する(関連記事:セールスフォースのクラウドデータベース「Database.com」が正式サービス開始。無料で10万件まで利用可能、セキュリティポリシー対応機能も開発中。Dreamforce'11)。

fig

ソーシャル機能、タッチUIなどを強化した「Force.com」

ソーシャルなエンタープライズアプリケーションのプラットフォームとなるのがForce.comだ。Apexによるプログラミング、Visualforceによる開発、分析、コラボレーション、タッチUI対応などが揃っている。

fig

新機能として、Chatter Connect、タッチUIとHTML5対応、Visual Workflow Cloud Designerなどを追加した。

fig

Visual Workflowはビジネスワークフローをビジュアルに開発、カスタマイズできる。また、Siteforceはドラッグ&ドロップで画面を作成できる機能。昨年発表したが、今回正式版となった。

fig

ゲストで登場したFacebook CIOのTim Campos氏。

fig

Facebookの開発陣は自社サービスに集中したいため、社内システムには特定のプラットフォームではなくクラウドやサービスを使いたかった。

また、Facebookは若い会社として急激に成長し、変化しているため、社内アプリ開発にウォーターフォール型の開発は合わない。アジャイルに作っていく。Force.comはこうしたモデルに合うプラットフォームだ。

ソーシャルアプリの開発プラットフォーム「Heroku」

Herokuは、顧客のソーシャルネットワーク、製品のソーシャルネットワークのための開発プラットフォームだ。

fig

デベロッパのサクセス、ジョイ、プロダクティビティにフォーカスしている。開発者は運用もサーバも考えなくていい。

Herokuは10ユーザーから1000万ユーザーまでスケーラブルで、100%オープンである。

そしてJavaにも対応した。

fig

FacebookのハリーポッターのページはHerokuで開発されている。Facebook Creditsで動画配信を購入したり、グッズを購入できるハリーポッターストアなどがある。

Herokuでは、RubyやJavaでの開発を行っている企業向けに、24時間サポート、アプリケーションのモニタリングなどを提供する「Heroku Enterprise Packages」を発表する。月4000ドルからの予定だ。

fig

Dreamforce'11 関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Java , PaaS , Ruby , Salesforce.com


次の記事
「ワールドクラスのソフトウェア会社になる方法」 エリック・シュミット氏とマーク・ベニオフ氏の対談(前編)

前の記事
連載マンガ:Mr. Admin「社長に分かってもらえない、システム管理者の価値」


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig