Ruby 3.1に対応したRails 7.0.1がリリース。「Ruby 3.1 on Rails 7」が実現

2022年1月11日

Rails開発チームは、Ruby 3.1に対応したRails 7.0.1の正式リリースを発表しました。

Rails 7は昨年(2021年)12月16日にリリースされたRubyのフレームワークです。Rails 6で同梱されていたNode.jsを用いない構成をデフォルトとすることで、フロントエンド開発環境が大幅に刷新されるなどの変更が行われました。

参考:Rails 7.0正式リリース、Node.js不要のフロントエンド開発環境がデフォルトに

Ruby 3.1は、このRails 7の正式リリースから9日後の12月25日にリリースされました

Rails 7がリリースされた後で、フレームワークのベースとなっているRubyが3.1にバージョンアップしたことでRails 7はRuby 3.1に完全対応ができなかったようで、Rails 7をRuby 3.1で利用しようとするとエラーが発生していました。

今回登場したRails 7.0.1はこのエラーなどを解消し、Rails 7をRuby 3.1に正式対応させる修正が行われました。それ以外は軽微なバグフィクスのみとなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ プログラミング言語 / Ruby



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本