Red Hat Ansible Automation Platformのマネージドサービス、Microsoft Azure上で提供開始。クラウドもオンプレミスも構成管理可能

2022年5月18日

Red Hatとマイクロソフトは、Microsoft Azure上でAnsibleをマネージドサービスとして提供する「Red Hat Ansible Automation Platform on Microsoft Azure」の正式リリースを発表しました。

Ansibleはインフラの構成管理ツールで、仮想マシンやネットワーク機器、ファイアウォールやロードバランサといったさまざまなシステムの構成を自動的に設定、展開してくれます。

今回発表されたRed Hat Ansible Automation Platform on Microsoft Azureは、このAnsibleをMicrosoft Azure上でRed Hatがマネージドサービスとして提供するものです。そのためすぐに利用が開始でき、運用を気にする必要もありません。

Ansibleがさまざまなインフラに対応しているのと同様に、Azure上のAnsibleからオンプレミスやプライベートクラウド、Azure以外のパブリッククラウドなどに対しても構成管理を拡張して展開することができます。

と同時にAzureのさまざまなサービス、Azure AD、Azure仮想マシン、Azure Database Services、Azure Container Registry、Azure Key Vaultなどとも統合されており、これらを用いてシステムを構成することも容易になっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Microsoft Azure / クラウド / Ansible / Red Hat



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本