「Red Hat OpenShift 4.7」正式リリース。既存の仮想マシンをKubernetes管理下へ移行するツール提供、vSphere上のWinowsコンテナをサポート

2021年3月1日

Red Hatは、Kubernetesをベースとしたコンテナ基盤「OpenShift」の最新バージョン「OpenShift 4.7」正式リリースを発表しました

Kubernetesによるコンテナと仮想マシンの統合管理を推進

OpenShift 4.7は、Kubernetes 1.20を搭載。仮想マシンをKubernetesで管理する「OpenShift Virtualization」も機能が強化され、Kubernetesで管理する仮想マシンをワンクリックで作成できるテンプレート機能が追加。

さらに、Kubernetes管理下にない既存の仮想マシンをKubernetes管理下へ移行するための「Migration Toolkit for Virtualization」をプレビュー版として搭載しています。

Migration Toolkit for Virtualizationは、移行可能かどうかの事前チェックや問題検出、自動移行機能などを搭載予定で、今年後半に正式版として提供される予定。

これにより、コンテナだけでなく仮想マシンも含めてKubernetesで統合管理する機能を前進させています。

さらにVMware vSphere上でWindowsコンテナを実行できるWindows Containers on vSphere機能も来月に追加予定で、これによりWindowsコンテナはRed Hat OpenShift on AWS、Red Hat OpenShift Azureも含めてOpenShift環境でのサポートが強化されます。

そのほか、CI/CDの作業をGitベースで行える「OpenShift GitOps」機能など多くの機能が追加されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本