マイクロソフトが無償でJava長期サポート/著作権訴訟でGoogleがオラクルに勝訴/Google、ノーコードで業務用ボット「AppSheet Automation」ほか、2021年4月の人気記事

2021年5月7日

いままでPCのキーボードはUSB接続のものをずっと使っていたのですが、先日、はじめてBluetooth接続の無線キーボードを購入して使い始めました。

使い始めて約2カ月、接続の信頼性や反応速度の低下を心配していたのですが、問題があるとすれば1カ月半程度でバッテリーが切れるのと、毎朝PCをスリープから復帰させたときに接続再開のタイムラグがある程度。

それ以外は有線のキーボードと使い勝手は変わらず、気に入りました。ケーブルがないと取り回しが楽でいいですね。

ちなみに、購入したのは「Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S日本語版」です。

さて、4月が終わりましたので人気記事を振り返っていきましょう。

2021年4月の人気記事

1位 マイクロソフトが無償でJavaの長期サポートを提供へ、「Microsoft Build of OpenJDK」をリリース

2位 [速報]10年にわたる著作権訴訟でGoogleがオラクルに勝訴、米連邦最高裁判所で判決。Java SEのコードのコピーはフェアユースの範囲

3位 Google、ノーコードで業務用ボットを作る「AppSheet Automation」正式リリース。請求書やレシートを受け取ると、内容を読み取り、承認者へメールなど自動化

4位 AWS、ElasticsearchとKibanaのフォークによる「OpenSearch」プロジェクトを発表。Elasticとの溝は埋まらないまま

5位 GitHub、コード中に書いてはいけないアクセストークンを発見、通知してくれる「Secret scanning」機能、プライベートリポジトリで正式対応

6位 VMwareが独立、デル傘下からスピンオフ。その理由は、デルが借金を早く返したいから

7位 AWS、アレクサと同様の会話理解力を持つ「Amazon Lex」日本語対応を発表。日本語で会話する音声ボットやチャットボットが開発可能に

8位 「Cloudflare Pages」が正式版に。JAMスタックによる高速なWebサイトを構築、CDNに展開へ

9位 JAMスタックを実現する国産サービス「Kuroco」正式リリース。GitHub Actionsでビルドし、Webホスティング、APIサーバなど提供。月額1100円分まで無料

10位 Ubuntu 21.04正式リリース。Active Directoryとネイティブ統合、最適化されたSQL Server対応、Flutter用SDK搭載、Waylandがデフォルトに、など

2021年4月の運営報告

2021年4月の運営報告です。Google Analyticsによると、2021年4月のページビューは42万4009、ユニークユーザー数は20万6888でした。

実は先月からキーボードだけでなくマウスも新しくしてみました。いままでは1000円程度の安いマウスをとっかえひっかえ使っていたのですが、今回購入したのは1万円程度の高級品、「Logitech MX Anywhere 3」です。

実際に使ってみると、クリックしたときのスイッチの感触が気持ちよく、いい部品を使っているんだなあと感じさせてくれます。こちらも気に入りました。

というわけで5月は新しいキーボードとマウスで記事を書いてお届けしていくつもりです。引き続きご愛読のほど、よろしくおねがいします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本