Apple M1版Mac miniをベアメタルサーバで提供、VNCのリモートデスクトップやSSHで利用可能。仏クラウドベンダScalewayが1時間約12.5円で

2021年2月3日

フランスのクラウドベンダScalewayが、Apple M1チップ版Mac miniをベアメタルサーバとして提供するサービスを開始しました

fig

インテル版のMac miniをベアメタルサーバで提供するクラウドサービスは、昨年12月にAWSが「Amazon EC2 Mac Instances for macOS」として発表していました。

参考:AWS、Macインスタンスの仕組みを説明。市販のMac miniをそのままラックに組み込みThunderbolt経由でストレージやネットワークへ接続。AWS re:Invent 2020

Scalewayがこのサービスに合わせて公開した動画は完全にAWSのこのサービスを意識したものになっています。

fig

8GBメモリ、256GB SSDのApple M1版Mac mini

今回Scalewayが発表したのは、最新のApple M1チップ版のMac miniをベアメタルサーバとして提供するサービス。Mac miniの仕様は8GBメモリ、OSはBig Sur、256GB SSD。

5分以内にプロビジョニングされ、VNC経由のリモートデスクトップもしくはSSH経由で利用可能です。

料金は1時間あたり0.10ユーロ(日本円で約12.5円)。Apple好きのエンジニアたちが24時間365日サポートしてくれるとのこと。

アプリケーションの開発における大規模なCI/CDの実行などで便利に使えるとしています。

ちなみにScalewayは、地下25メートルに核シェルターとして作られた場所をデータセンターとして利用していることで知られています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本