Swift言語がAWS Lambdaで利用可能に。Swift開発チームが「Swift AWS Lambda Runtime」公開

2020年6月2日

Swift開発チームは、AWS LambdaでSwift言語を利用可能にする「Swift AWS Lambda Runtime」の公開を発表しました

Swift言語はiOSやmacOSなどのApple社製デバイスに対応したアプリケーション開発のための言語として登場し、オープンソースで開発が進められている言語です。記述しやすく読みやすく、安全で少メモリかつ高速なアプリケーションの開発に適しているなどの特徴があります。

2016年頃からはサーバアプリ向けのAPIの策定や、AppleとIBMの協業によるクラウド対応の促進、Linuxへの対応など、サーバサイドでの活用に向けた動きがありました。

しかし今年に入ってIBMがクラウド対応の開発から手を引くなど、サーバサイドでのSwiftの存在感はまだ十分とはいえない状態です。

そうしたなかで公開された「Swift AWS Lambda Runtime」は、Swiftのサーバサイドでの利用に新たな展開をもたらすものといえるでしょう。

fig

AWS Lambdaのカスタムランタイムとして実装

AWS Lambdaはサーバレスコンピューティング基盤の代表的なサービスです。Node.js/JavaScript、Java、Phthon、Go、C#などのプログラミング言語に対応していますが、APIを適切に呼び出すことで上記以外のプログラミング言語を用いたカスタムランタイムを構築し、利用することができます。

Swift AWS Lambda Runtimeもこのカスタムランタイムとして実装されたものです。

SwiftをAWS Lambdaに対応させた背景について、「Introducing Swift AWS Lambda Runtime」で次のように説明されています。

With its low memory footprint, deterministic performance, and quick start time, Swift is a fantastic match for the serverless functions architecture.

Combine this with Swift’s developer friendliness, expressiveness, and emphasis on safety, and we have a solution that is great for developers at all skill levels, scalable, and cost effective.

省メモリ、約束された高速性、そして迅速な起動時間を備えたSwiftは、サーバーレスのファンクションアーキテクチャにまさに適しています。

これらをさらに、Swiftの開発者フレンドリーで高い表現力、安全性の重視などと組み合わせることで、あらゆるスキルレベルの開発者に最適で、拡張性があり、費用対効果に優れたソリューションを提供します。

Swift AWS Lambda Runtimeは今後さらなる性能向上や対応イベントの追加、ドキュメントやサンプルの充実などを進めていくとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本